【Pick Up!!】『ブログ用語集』始めました!100以上の用語をサクッと解説!

Google Search Console|検索パフォーマンスの使い方を調べてみた!基礎編vol.3

Google Search Console検索パフォーマンスの使い方基礎編
くま太君

Google Search Console調べてみたシリーズの第3回!
前回に引き続き「検索パフォーマンス」についてお届けするよ!
今回は「基礎編」として、簡単に使い方を見てみるね。
今日のお勉強も頑張ろう!

前回は、Google Search Console(Googleサーチコンソール/通称サチコ)「検索パフォーマンス」の概要について調べてみました。

それぞれの項目が何を指しているのか、少しでも皆さんの参考になりましたでしょうか?
そして今後それらの知識を活かして、分析力を伸ばしていきましょう。

第3回の今回は、前回に引き続きGoogle Search Console「検索パフォーマンス」について!なのですが、「基礎編」として、大まかな使い方を見ていきます。

Google Search Consoleを使い始めの頃は、実は触れていない項目があるかもしれません。

ここを触ればこうなる!という、基本操作がメインです。

そして凄く宣伝臭いのですが、次回の第4回は、Google Search Console「検索パフォーマンス」「応用編」も公開しました。

「応用編」では、今回の「基礎編」をベースに、フィルタを用いた絞り込み方法等、より実践的な内容をお届けします。

このまま、懲りずにお付き合い頂けたら、頑張って記事を書けます!
どうぞ、お気軽にお付き合いください。
よろしくお願いします!

この記事を読むと分かること
・Google Search Console検索パフォーマンスの基本の使い方

目次

今回の第3回でやる事

くま太君

Google Search Consoleの検索パフォーマンスの基礎編として、簡単に基本操作をお勉強するよ。

今回は、Google Search Console検索パフォーマンスの使い方・その設定の意味、を見ていきます。

Google Search Console検索パフォーマンスを使った事がある方は、お気付きかと思いますが、ポチポチ(クリック)できる箇所が結構多いんです。

どこがポチポチ出来て、どのような反応をするのかをメインに進めていきます。

ここの使い方やその設定の意味が分かると、より絞り込んだデータを入手することができるので、実はお勧めです。

ご自分のGoogle Search Console検索パフォーマンスでも、是非、色々ポチポチして試してみてくださいね!

検索パフォーマンス折れ線グラフの使い方

くま太君

じゃあ、実際にどこをポチッとしたら、表がどう変化するのか見ていくよ!
あちこちクリックしても、データが消えちゃうことは無いから、怖がらずにどんどんポチポチして、見慣れていこう!

Google Search Console検索パフォーマンスの、各項目の内容・詳細については、第2回の記事でお話しているので割愛します。

Google Search Console|検索パフォーマンスの概要を調べてみた!vol.2

今回は、どこが・どう連携しているのか等の、イメージが掴めると大成功です!

検索パフォーマンス折れ線グラフ実際の使い方

くま太君

第2回の記事でも少し触れたけど、Google Search Console検索パフォーマンスの折れ線グラフは、下記の図のように、下の赤枠で囲った中の四角の色と、折れ線グラフの色は同じ項目を表しているよ。

Google Search Console検索パフォーマンス折れ線グラフ
Google Search Console検索パフォーマンス/折れ線グラフデータ1

上の図を見ると、色付きの四角が4つ(4色)並んでいますね。
下の折れ線グラフの線の色も、4色で作られています。

それぞれが、下記の項目を表していることが分かります。

①合計クリック数(青)
②合計表示回数(紫)
③平均CTR(緑)
④平均掲載順位(オレンジ)

この色の関係は、Google Search Console検索パフォーマンスのページ全体に掛かる部分なのですが、同じ色同士で、同じ項目を表している、と言うことだけは、覚えておきましょう

それぞれの色は、各項目を表しており、ページ全体を通して共通している。

では、下の図を見てください。

こちらは、Google Search Console検索パフォーマンスを、最初に開いた時の状態です。

合計クリック数(青)合計表示回数(紫)のみが、四角の部分と折れ線グラフで表示されています。

Google Search Console検索パフォーマンスの使い方基礎編折れ線グラフ
Google Search Console検索パフォーマンス/折れ線グラフデータ2
くま太君

と、言う事は……

現在白い四角になっている、平均CTR(緑)平均掲載順位(オレンジ)部分をそれぞれクリックしてみましょう。
今表示されていない折れ線グラフが、四角部分と連動して、出現することになります。

くま太君

折れ線グラフの上の4つの四角を、色々ポチポチして動きを試してみてね!

検索パフォーマンス折れ線グラフ、その日の詳細

くま太君

実は折れ線グラフ上で、特定の日の情報が見られるんだ!
昨日は何件クリックされたかな〜。
って言うのを、すぐに確認できるよ。

折れ線グラフの線上で、カーソル(マウスを動かすと、画面上で一緒に動く矢印マーク)を沿わせてみてください。

Google Search Console検索パフォーマンスの使い方基礎編折れ線グラフ日にち毎の内容
Google Search Console検索パフォーマンス/折れ線グラフデータ/特定日で確認

図だと少し分かりにくいですが、選択した特定日上の折れ線グラフの中に、縦の点線が表示されます。
そして図①のように情報が出現します。

特定日(上記図だと、5/24(火))の合計クリック数(青)合計表示回数(紫)平均CTR(緑)平均掲載順位(オレンジ)の状態を知る事ができます。

検索パフォーマンス数値化データの使い方

くま太君

今度は、折れ線グラフの下にある表を見てみよう。
こっちは、色んな項目が表示されているね。

Google Search Console検索パフォーマンス表
検索パフォーマンス/数値化データ

上記図は、折れ線グラフの下にあるもう1つの大きな表です。

赤い数字の振ってある項目と、右側になんだか見慣れた項目が並んでいますね。

上下2つの表は連動している

そうです!
この右側の見慣れた項目は、上にある折れ線グラフと連動した内容になっていますよ。

①合計クリック数(青)
②合計表示回数(紫)
③平均CTR(緑)
④平均掲載順位(オレンジ)

そして、内容のみならず、動きも連動しています。

折れ線グラフ内の四角部分をポチポチしていれば、数値化データ右側の見慣れた項目も、一緒に表示されたり消えたりします。

Google Search Console検索パフォーマンスの使い方基礎編2つの表の連動状態
検索パフォーマンス/2つの表の連動状態

上記図だと、上の折れ線グラフでは、合計クリック数平均掲載順位が選択・表示されていますね。

そして、下の表でも、同じく合計クリック数平均掲載順位が連動して表示されています。

このように上下の表は、連動して表示されています。

数値化データ独自の使い方

くま太君

ここでは、下の表独自の項目の使い方を見ていくね。

下の図の赤い数字の項目の意味は、第2回でお話しているので、割愛します。

Google Search Console|検索パフォーマンスの概要を調べてみた!vol.2

ここでは、下の図の赤枠で囲った部分をメインに、見ていきます。

Google Search Console検索パフォーマンス表
検索パフォーマンス/数値化データ

上記図の状態は、⑤クエリが選択され、一覧にはクエリ(検索されたキーワード)が表示されています。
※クエリの内容は消させていただいております。

ちょうど、図の⑤の数字部分に濃い黒線が付いていますね。

これは、その部分が選択されていることを示しています。

隣の項目の、ページ・国・デバイスなどの文字部分をクリックすると、その内容が下部に表示されます。

Google Search Console検索パフォーマンスの使い方基礎編表の見方
検索パフォーマンス/数値化データ項目切り替え

そして、上記図の①の項目名をクリックすると、その下の情報を、昇順・降順で順序を並び替えできます

謎の三角!行のフィルタリング!

くま太君

右上にチョコンとある三角マーク。
ただの飾りじゃないよ!
慣れるまで使いにくく感じるけど、案外優れものだった!

謎の三角部分、その名は「行のフィルタリング」!

・条件を指定して、データを絞り込めるフィルタの機能です。

慣れるまで使いにくいかもしれませんが、使いこなせればピンポイントで欲しいデータを、呼び出すことができます。

Google Search Console検索パフォーマンスの使い方基礎編謎の三角!行のフィルタリング!
検索パフォーマンス/数値化データ/行のフィルタリング

ちなみに上記図①の、赤く囲った部分をポチッとすれば、

表示の行数を変更ができる
上記図では5行なので、10行・100行などに変更可能

上記図②の「<」or「>」で

ページの移動

になります。

くま太君

では、謎の三角について少々……
皆は触った事あるかな?

では、Google Search Console検索パフォーマンスの、謎の三角に迫っていきますね。

謎の三角部分をポチッとすると、絞り込みの項目が出現します。

・上位のクエリ
・クリック数
・表示回数
・CTR
・掲載順位

Google Search Console検索パフォーマンスの使い方基礎編謎の三角!行のフィルタリング項目
検索パフォーマンス/数値化データ/行のフィルタリング項目

今回は試しに、下記図のように、掲載順位に絞り込みを掛けてみます

下記の図の
①掲載順位にチェックを入れる
②もし2カ所ににチェックを入れたら、この数字は「2」となる
③チェックを入れた段階で、絞り込む条件設定欄が出現

Google Search Console検索パフォーマンスの使い方基礎編謎の三角!行のフィルタリング設定
検索パフォーマンス/数値化データ/行のフィルタリング設定

下記の図の
①の部分をポチッとすると、条件のメニューが表示
②の部分に絞り込む数値を入力
③のボタンをクリック
④絞り込み結果が表示される

今回は検索順位10位の情報をフィルタリング(絞り込み)しました。

Google Search Console検索パフォーマンスの使い方基礎編謎の三角!行のフィルタリング結果
検索パフォーマンス/数値化データ/行のフィルタリング結果

このように、知りたい部分を絞って、より詳細にデータを見る事ができます

謎の三角部分は、割と使っていない方も多いかもしれませんね。

ちょっと分かりにくいから……

実際の使い方の詳細は、次回の第4回でご案内しています。

Google Search Console|検索パフォーマンスの使い方を調べてみた!応用編vol.4

Google Search Console検索パフォーマンス全体の絞り込み

くま太君

後ちょっと頑張って!
ここで最後だよ!

Google Search Consoleの検索パフォーマンスページの最上部に、3つポチッと出来るボタンがありますね。

Google Search Console検索パフォーマンスの使い方基礎編-全体設定
検索パフォーマンス/全体設定

これは、ページ全体の大きな設定になります。

今回は最後にこの部分を見て終わりになります。
実際の使い方の詳細は、次回の第4回でご案内しています。

Google Search Console|検索パフォーマンスの使い方を調べてみた!応用編vol.4

検索タイプ

Google Search Console検索パフォーマンスの使い方基礎編-検索タイプ
検索パフォーマンス/全体設定/検索タイプ

検索タイプをポチッとすると、フィルタ/比較を設定できます。

・ウェブ
・画像
・動画
・ニュース

ここでは、上記カテゴリーの内容の情報を表示させます。

今このページをご覧頂いている方は、ブログ等のWEBページの分析をされている方が多いと思うので、上記図の設定(ウェブ)のままでOKです。

「画像」を選択した場合、Google検索で画像がインデックスされていれば、その情報のデータを取得できます。

動画・ニュースに関しては、サイトに無いケースが殆どだと思いますので、設定をしても、何も表示されません。

もちろん、それらの情報を発信しているサイトであれば、情報が取得できますよ。

日付

Google Search Console検索パフォーマンスの使い方基礎編-日付
検索パフォーマンス/全体設定/日付

ここは見たまんまですね。

欲しいデータの期間を設定していきます。

+新規

Google Search Console検索パフォーマンスの使い方基礎編-新規
検索パフォーマンス/全体設定/+新規

「+新規」部分をポチッとすると、メニューが表示されます。

・検索キーワード
・ページ
・国
・デバイス

上記を設定すると、その情報に絞ってデータが表示されます。

このように、「検索タイプ・日付・+新規」を組み合わせる事で、ピンポイントの情報を分析することが可能です。

今回のまとめ。Google Search Consoleの検索パフォーマンスポチって慣れよう!

くま太君

第3回の今回は、「検索パフォーマンス」の使い方・基礎編と銘打ってお勉強してみたよ。
ドンドン自分でポチポチしてみて、各連携について見慣れるといいよね。

Google Search Consoleの検索パフォーマンスの基礎編・主な使い方はなんとなく、イメージして頂くことができましたか?

モリモリの内容で、イマイチ分かりにくい部分もあるかと思います。

Google Search Consoleの検索パフォーマンスでは、色んな所を沢山ポチポチしても、データが消えてしまうことがないので、慣れるまで沢山触ってみるのが、覚える1番の近道ですね。

様々な絞り込みを掛けて、より自分が欲しい情報を分析することができるので、使い道は無限大に広がるでしょう。

特に、謎の三角。

行のフィルタリングですね。
私はGoogle Search Console検索パフォーマンスの中では、ここが1番ややこしく感じました。

詳細は次回にご案内しますが、謎の三角の絞り込みが出来ると、記事数が増えて分析量が多くなったときにも、簡単にブログの状況把握が行えます

是非、この謎の三角を使って、ご自身の分析・ブログの成長に役立ててみてくださいね。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

お疲れ様でした。

<<< Google Search Console|検索パフォーマンスの概要を調べてみた!vol.2
>>> Google Search Console|検索パフォーマンスの使い方を調べてみた!応用編vol.4

☆読んでくれてありがとう!よかったらシェアしてね!☆
目次