【Pick Up!!】『ブログ用語集』始めました!100以上の用語をサクッと解説!

Google Search Console|カバレッジのエラー!調べてみた!vol.8

Google Search Console-カバレッジのエラー
くま太君

Google Search Console調べてみたシリーズの第8回!
やってまいりました!

大物登場!
「カバレッジ」で皆が困っている・気になっている「エラー」についてみていくね。

今回は、いよいよ大物!
Google Search Consoleのカバレッジの、エラーの内容に入っていきます。

ここは、ある意味Google Search Consoleを使っていたら、1番頭を悩ます部分かもしれません。

だってエラー!って言われちゃうんですもの!

なんで?どうしたら?って焦りますよね?

私もデス……

今までも、Google Search Console調べてみたシリーズ!の中で、エラーがあったら修正していきましょう!と、うっかりあっさり簡単に述べてきました。

でも実際にエラー修正するのって、どうすれば良いのでしょうか?

ページの中身はモチロン十人十色で、修正内容も皆違うはずです。

ですが、大まかな目安が付けばエラー修正もしやすいハズ!

ってな事で、ここで一丁、まとめてみようと思います。

今回もお付き合いの程、宜しくお願いします!

ここの内容は突き詰めると、私の中でかなり膨大な内容になります。
今後気がついたり、補足したい部分は当ページに追加や別ページを立てたりして、少しでも分かりやすく問題解決が捗るように、更新していきます。

この記事を読むと分かること
・Google Search Consoleカバレッジエラーとは?
・エラーの種類は?
・エラーの修正をするには?

目次

今回の第8回でやる事

くま太君

多分、皆が1番気になって、困っちゃう部分……
Google Search Consoleのカバレッジのエラーについて、ちょっと踏み込んで中身をみていくね。

Google Search Consoleのカバレッジでエラーが出た場合、そのURLの記事はぶっちゃけ、Googleインデックスされていない状態になっています。

Google Search Consoleのカバレッジの見方や操作自体は、第7回で見たように難しくありません。

皆が困る最難関は、このエラーをどうやっつけるか、と言う事でしょう。

今回は、このエラーの内容を知って、万が一出てしまった時に、太刀打ちできる術をチョットでも身につけて行こうと思います。

Google Search Consoleカバレッジの概要は、第7回の記事で確認してみてください。
Google Search Console|カバレッジとは?調べてみた!vol.7

Google Search Consoleカバレッジのエラー

くま太君

ここでは、Google Search Consoleカバレッジでのエラーについて見ていくね。
どんなエラーがあるんだろう……

このGoogle Search Consoleのカバレッジに「エラー」が出現するのは、

・何らかの理由によりインデックスに登録されていないページがある

と言う事です。

Google Search Console-カバレッジエラーグラフ
Google Search Consoleカバレッジ/エラー

Google Search Consoleカバレッジでエラーがあれば、棒グラフとして赤く表示されます。

私は以前エラーを出しましたので、上記図のように赤いグラフが途中から始まり、途中で終わっていますね。

この間エラーが出現しており、Google Search Consoleで検査を申請して、検査中という事になっています。

Google Search Consoleで検査が終了して、問題解決されるとブラフ上の赤い棒グラフが消えます。

そして、下部にある「詳細」を見ると、そのエラーの概要が表示されています

Google Search Console-カバレッジエラー詳細
Google Search Consoleカバレッジ/エラーの詳細

そのエラー概要部分をポチると、エラーの修正方法や詳細情報が表示されるので、確認後、早急に修正していきましょう。

Google Search Consoleカバレッジのエラー内容

くま太君

Google Search Consoleカバレッジのエラーには、どんな種類があるんだろう?
エラーが無いに超した事はないよね!
万が一に備えて、確認だけはしておこう。

実際、問題なくサイトを運営していると、お目に掛かる機会のないエラーも存在します。

では、どんなエラーが検出されるのか、確認していきましょう。

①サーバーエラー(5xx)
②リダイレクトエラー
③送信されたURLがrobots.txtによってブロックされました
④送信されたURLにnoindexタグが追加されています
⑤送信されたURLはソフト404エラーのようです
⑥送信された URL が未認可のリクエスト(401)を返しました
⑦送信されたURLが見つかりませんでした
⑧送信されたURLが403を返しました
⑨他の4xxの問題が原因で、送信されたURLがブロックされました

くま太君

こんなにあるなんて……

かなりの数がありましたね。

自分や周りの状況を見ていると、上記③④のエラーが多く見受けられます。

実際私も「④送信されたURLにnoindexタグが追加されています」のエラーを出しました。

当時は修正方法も怪しかったのと、Googleのクローラーが殆ど来ていない状況でしたので、エラーの改善が遅れたと思っています。

全てを覚えるのは面倒で難しいですが、こんなのあったな〜位にでも認識しておけば、

・修正などの次の行動が起こしやすくなる
・そもそもエラーを出さないようなサイト作りが出来る

なんて、良いことずくめです!

ここから少し、エラーの詳細を見ていきましょう。

①サーバーエラー(5xx)

・アクセスできなかった
・タイムアウトになった
・処理速度・通信速度の低下(混雑など)
・クローラーのブロック 
・サーバーの設定状況
等など

これらは、サーバー側の設定状況や、トラフィック(通信状況)などが主なエラー原因です。

サーバーとのやり取りが上手くいかなかった!と言う事ですね。

例えば、通信混雑やサーバーのメンテナンス等の場合は、その状況が過ぎれば改善されますよね。

それ以外の部分では、普通にブログ運営している分には、あまりお目に掛からないでしょう。

ですが敢えて、自分たちで気を付けておく点としては以下です。

自分で出来る対策は?

・動的ページを作らない

「Google Search Consoleヘルプ」が言うには、

違うURLで中身の同じ内容を配信すると、動的配信と見なされるという事
動的ページはタイムアウトの原因になることがあり、サーバーからの負荷が高いと認識される

これは、私たち制作者側で回避出来る問題です。

重複コンテンツは避けるって、聞いた事ありませんか?

これに該当しますので、記事作成の構成に気を付けましょう。

②リダイレクトエラー

・リダイレクトチェーンが長すぎる
・リダイレクトループが発生している
・リダイレクトURLが最終的に URLの最大長を超えた
・リダイレクトチェーンに不正または空のURLがある

リダイレクトを簡単に言うと、あるページをポチリしたら、自動で別のURLに転送するシステムの事です。

くま太君

リダイレクトについての説明もしているから、よかったら参考にしてね。

WordPress301リダイレクトを.htaccessで設定!プラグインは使いません!

このリダイレクトに問題がある場合ですね。

自分で出来る対策は?

もし、リダイレクト設定をしている方は、上記の原因に沿って、ご自身のリダイレクト設定を見直してみましょう

③送信されたURLがrobots.txtによってブロックされました

これは、言葉のままです。

皆さんがGoogle Search Console「サイトマップ」で送信している、「sitemap.xml」で送信されたURLが「robots.txt」内の記述によって、クロール出来なかったと言う事です。

くま太君

robots.txtについて、こっちでも少し触れているよ。
robots.txtって何?という方はこっちを見てね!

Google Search Console|URL検査結果の見方調べてみた!vol.6

自分で出来る対策は?

「robots.txt」内の記述を修正します。

Google Search Console|カバレッジとは?調べてみた!vol.7の、「Google Search Consoleカバレッジ詳細表示」の所で「ROBOTS.TXTによるブロックをテスト」が出来ることを確認しました。

この「robots.txt」のテストで「robots.txtテスター」を実行し、ブロックしている箇所がハイライト表示されるので、修正していきます。

④送信されたURLにnoindexタグが追加されています

Google Search Console「サイトマップ」で送信している、「sitemap.xml」で送信された内容に「noindexタグ」が入っており、Googleインデックスされない状態になります。

・noindexタグは、このURLをGoogleインデックスに載せないでね!というマーキングの事

・sitemap.xmlの送信は、Googleインデックスに載せてよ!クローラーカモン!と申請している状態

この「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーは、上記2つの申請が同居している事で、サチコさんが混乱している状態なんですね。

くま太君

インデックスして!って言って来ているのに、インデックスさせないで!ってどう言う事よ!
と、言うのがサチコさんの言い分。

だから、作業を中断して、Googleインデックスをさせないように、止められています。

私のエラーを出したケースでは、あるURLをGoogleインデックスさせたくないから、そのページに「noindex」を付けた!

そしたら、エラーになった……

と言うものです。

くま太君

だって、Googleインデックスさせたくないページには「noindex」付ければいいって、何かで見たモン!

確かにそうなんですが、処理が足りなかったのです。

そして、サチコさんを混乱に陥れました。

自分で出来る対策は?

くま太君

解消方法は主に2つ。

・付したnoindexを取ってしまう
・sitemap.xmlからnoindexを付けたページを除外する

付したnoindexを取ってしまう

1つ目は簡単ですね。

noindexを外して(noindexを使わないという事)、sitemap.xmlの送信をします。

下記図の項目をポチった先のページに、①「修正を検証」ボタンがあるので、ボタンをポチってGoogle Search Consoleに修正が正しくなされているか、チェックをしてもらいます。

Google Search Console-カバレッジエラー詳細
Google Search Consoleカバレッジ/エラーの詳細
Google Search Console-カバレッジエラー検証ボタン
Google Search Consoleカバレッジ/検証を修正ボタン

検証が終了し、上記図②のように「合格」がもらえたら、エラー解消です。

あとは、それぞれのページがGoogleインデックスできる状態であれば、待つだけですね。

sitemap.xmlからnoindexを付けたページを除外

さて、もう一つの方法は、

くま太君

ボクはnoindexを使いたいんだ!

と言う場合です。

これも言葉のままですが、Google Search Console「サイトマップ」で送信するsitemap.xmlから、noindexを付けたURLを送信リストから外してしまおうと言う事です。

しかし、sitemap.xmlって、自動で作成されていますよね?

どうやって、sitemap.xmlのリストから対象URLを除外するのでしょうか?

sitemap.xmlは、プラグインを利用して作成している方が殆どだと思います。

各sitemap.xml生成プラグインでsitemap.xmlからnoindexの除外ができるので、対処をしましょう。

その後は、先にご案内した「sitemap.xml送信」→「修正を検証」→「合格もらう」で完了です。

⑤送信されたURLはソフト404エラーのようです

ページが存在しない(404)のに、サーバー側で正しいページだよ!と誤認してレスポンス(お返事)(2xx success)した結果出されるエラーです。

明らかに色々おかしい状態ですよね。

自分で出来る対策は?

・ページの中身が生きているなら、内容を追記・修正してもう一度sitemap.xmlでトライ
・要らないページであれば、noindex等でsitemap.xmlから除外して、sitemap.xml送信

修正後「URL検査」で該当URLの状態を確認してみましょう。

日にちを置いてから、確認するのもおすすめです。

送信された URL が未認可のリクエスト(401)を返しました

ページに認証があると引っかかるエラーです。

ブログ内で、ログインページのコンテンツを作っていたりする場合等が該当します。

自分で出来る対策は?

認証を解除するか、ページにアクセスしたのがクローラーであることを確認させます。

⑦送信されたURLが見つかりませんでした(404)

そもそもページが無い状態です。

ページを削除したけど、sitemap.xmlにURLが残っているという事が考えられます。

自分で出来る対策は?

sitemap.xmlから、対象のURLを除外しましょう。

⑧送信されたURLが403を返しました

クロールがアクセス拒否された状態です。

ページにアクセス制限が掛かっている場合が該当します。

自分で出来る対策は?

・アクセス制限の解除
・sitemap.xmlから、対象のURLを除外

sitemap.xmlからURLの除外方法は、もちろんnoindexで対処可能です。

⑨他の4xxの問題が原因で、送信されたURLがブロックされました

上記⑥〜⑧以外の問題です。

自分で出来る対策は?

もちろん正式なページがあれば、修正しますが、それ以外であればURLを削除・除外してしまいましょう。

各種エラーの内容は突き詰めると、私の中でかなり膨大な内容になります。
今後気がついたり、補足したい部分は当ページに追加や別ページを立てたりして、少しでも分かりやすく問題解決が捗るように、更新していきます。

今回のまとめ。Google Search Consoleのカバレッジエラーは恐くない?!

今回はGoogle Search Consoleを使用していて、1番焦ってしまうであろう、Google Search Consoleカバレッジのエラーについて、まとめてみました。

Google Search Consoleカバレッジの、エラー内容を見てみてください。

①サーバーエラー(5xx)
②リダイレクトエラー
③送信されたURLがrobots.txtによってブロックされました
④送信されたURLにnoindexタグが追加されています
⑤送信されたURLはソフト404エラーのようです
⑥送信された URL が未認可のリクエスト(401)を返しました
⑦送信されたURLが見つかりませんでした
⑧送信されたURLが403を返しました
⑨他の4xxの問題が原因で、送信されたURLがブロックされました

うっかりエラーを出した私が言うのも何ですが、何気に避けられそうな内容もありますよね。

もちろん、不可抗力やサーバー関連など、自分ではどうにもならない部分で、知らない内にエラーになっている事も十分ありえます。

でもサチコさんってば、とっても親切に教えてくれます。

ここがおかしいから、コレ見て、こう直してみなよ!って……

エラーがでてしまった場合、焦ってしまいますが、よーくGoogle Search Consoleと向き合ってみてください。

修正できる所まで、導いてくれています。

今回の当記事「Google Search Console|カバレッジのエラー!調べてみた!vol.8」は、ほんのとっかかりかもしれませんが、今後皆さんの不安が少しでも解消されていたら、とても嬉しいです。

Google Search Consoleカバレッジのエラー修正の具体的な方法について、また後日UPしたいなと思っています。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

お疲れ様でした。

くま太君

次回、Google Search Console|カバレッジの除外!調べてみた!vol.9も、よろしくね!

<<< Google Search Console|カバレッジとは?調べてみた!vol.7
>>> Google Search Console|カバレッジの除外!調べてみた!vol.9

☆読んでくれてありがとう!よかったらシェアしてね!☆
目次