【Pick Up!!】『ブログ用語集』始めました!100以上の用語をサクッと解説!

WordPressリビジョンとは?回数制限で上手に使いこなそう!

リビジョンって何?回数制限をしてサーバーに優しくなろう
くま太君

今回のはWordPressリビジョンの良いトコ、悪いトコ、
そんで使い方まで説明するよ!

WordPressの標準機能に「リビジョン」というものがあります。

皆さんはこの機能、活用していますか?

WordPressのリビジョンは、編集中の内容をサーバーのデータベース内に保存しています。

簡単にWordPressリビジョンがどんな働きをしているかと言うと、

・編集内容の保存ができる
・今と前の内容を比較できる
・保存済みの以前の編集内容に復元することができる

このように、とても優れ者の機能なのです。

ですが、「リビジョン?聞いたことはあるけど……よく分からん」と思われる方も多いようです。

そして、WordPressのリビジョンですが、よく分からんとあまり放置しておくと……

サーバーに負荷を掛ける原因だったりして、要注意人物?だったりもするのです。

サーバーに負荷が掛かりすぎると、良い事は一つもありません。

今回は、このうっかり忘れがち&ボンヤリしている、WordPress標準機能の「リビジョン」を解明し、使い方からサーバーに負荷を掛けない方法までを、ご案内します。

この記事を読むと分かること
・WordPressのリビジョンってなに?
・そもそもどうやって使うの?
・サーバーに負荷ってどういうこと?
・サーバーに負荷をかけない為にどうしたらいいの?

目次

WordPressのリビジョンとは、何なのさ!

くま太君

リビジョンは、WordPressの更新記録係を担当しているんだ。
そして、前の作業状態に戻ることもできる機能だよ。

まずは、WordPressのリビジョンの働きを見てみましょう。

・編集内容の保存
・今と前の内容を比較
・以前の編集内容に復元

編集内容の保存

WordPressのリビジョンでは、作業の保存をしています。

その保存が行われるタイミングは、以下になります。

・下書き保存
・非公開保存
・公開済み保存
・更新保存

WordPressで記事を書いた後、上記のボタンをポチッとした時に、自動的に記録係として仕事をしているのですね。

このデータは、サーバーのデータベース内に保存されます。

そして、このWordPressリビジョンの保存データは、何も対策をしていないと、保存した分だけサーバーのデータベース内に蓄積されます。

くま太君

それはもう無尽蔵に、保存された分だけどんどん溜まっていくよ!

これが、サーバーの負荷になると言われる理由です。

またWordPressにはリビジョンとは別個に、独自に自動保存という機能も備わっています

時間単位で、勝手に保存してくれているのですね。

まとめると、WordPressの保存には、2種類あると言う事になります。

・WordPressの自動保存
・WordPress標準機能のリビジョンでの保存

後程、この2つの違いについて詳しくお話いたします。

今と前の内容を比較

WordPressのリビジョンを使い、現在の原稿とWordPressのリビジョンで保存1つ前の原稿と、変更箇所がどこなのか、ハイライト表示で比較することもできます。

このハイライト表示をみると、どこに何を追加した・削除したのかが一目瞭然です。

仕事現場などで複数人で作業している場合など、どこを変更したのかすぐに確認することができますね。

以前の編集内容に復元

最後に、WordPressのリビジョンではその保存記録をたどって、前の状態に戻ることができます。

過去の保存データへの復元です。

例えば、

・ガッツリ記事を書いたのに、実は間違っていたから、あの部分まで戻れたら……
・ブラウザが、落ちちゃった!!!!!

など、こんな時は、WordPressのリビジョンで保存していた所まで戻ることが可能です。

そのため、たくさん書いてある最終段階の記事から、記事がちょびっとしか書いていない初期段階まで、リビジョンの保存内容・数によりますが、戻る事もできます。

いつ、どのようにこれを使用するか、または「こんなんいらん!」かは、個人の裁量になりますが、なかなかの優れものです。

特に、ポータルサイトなどで、デザインをガッツリ組み上げる時には、重宝するでしょう。

いちいち、ブロックやコードを消したりするよりも、ポチリで済んでしまうので。

こうすることによって、コードの消しミスでレイアウトが崩れ大惨事の心配も減りますね

そんなこんなで、Wordpressリビジョンは無くても困らないけど、あったら最悪の事態には有難い機能だったりします。

WordPressの自動保存とリビジョンでの保存の違い

くま太君

WordPressの自動保存とリビジョンの保存?
同じ「保存」なのに何が違うの?

ここでは、WordPressの自動保存と、リビジョンでの保存の違いをお話します。

この2つの「保存」の意味は全く違うので、覚えちゃいましょう!

WordPressの自動保存

くま太君

言葉の通り、自動で保存する機能だよ。
WordPressで設定された時間で、勝手に保存されるの。
便利だね!

初期状態の保存時間は、60秒で設定されているよ。

WordPressの自動保存は、編集者が「公開」「更新」などのボタンをクリックしなくても、決まった時間で勝手に保存されます

・初期状態では60秒で保存

この自動保存では、データがドンドン溜まって行く事はなく、上書き保存です。

くま太君

WordPressの自動保存は上書き保存!
保存の情報は、増殖して増えないよ!
ここがリビジョンとの大きな違いの一つだよ。

皆さんは、ExcelやWordファイルを操作した事はありますか?

これらは、最初はファイル名を付けて保存しますが、ファイルを修正して保存した場合は、上書き保存になりますよね

別名を付けて保存したい場合を除けば、保存してもそのファイルの数は増殖しません。

それと同じイメージです。

その自動保存は初期状態の60秒で、何もせずとも、時間で上書き保存されています。

サーバーのデータベースに情報は保存されますが、WordPressリビジョンとは異なり、保存データは1つだけです。

WordPressの自動保存時間の変更

くま太君

折角なので、ちょっとだけ。
WordPressの自動保存の、時間の間隔を調整出来るから、その方法を見てみるよ。

WordPressの自動保存時間、初期の60秒を変更することが可能です。

WordPressの初期設定ファイル「wp-config.phpファイル」に、下記の記述を追加するだけです。

数字の部分が「秒」を示します。
よって、以下のコードは「120秒」(2分)で保存する、と言う意味になります。

「wp-config.php」は初期設定の超重要ファイルです。
編集の際は必ずバックアップを取ってから、作業してください。
ファイルの編集は自己責任の下、行ってください。

「wp-config.php」ファイルのある場所は、FTPでWordPressの第1階層「wp-content」フォルダと同じ階層にあります。

「120」の数字は120秒という意味です。
「30秒」なら数字の部分を「30」に変更します。
「10分」なら数字の部分を「600」に変更です。

define( 'AUTOSAVE_INTERVAL', 120 );
※下記のコードより上部に時間設定の記述を書きましょう。
require_once( ABSPATH . 'wp-settings.php' );

時間が制御できるので、もちろん自動保存させない、という設定も可能です。

ですが、データベースへの圧迫も無いですし、万一の事を考えると、WordPressの自動保存は活かしておいた方が良いでしょう。

WordPressリビジョンの保存

リビジョンの増えるイメージ
リビジョンの保存データが増えるイメージ

WordPressの自動保存は「上書き保存」に対して、WordPressのリビジョンは保存したごとに、データが増えていきます。

先ほどのExcelやWordファイルでイメージすると、リビジョンでは保存するごと、にファイル自体が増えていくイメージです。

保存のタイミングは下記です。

・下書き保存
・非公開保存
・公開済み保存
・更新保存

例えば、作業中に席を外したりする時や、明日作業の続きやろ!という時など「下書き保存」したりしませんか?

ここで、サーバーのデータベース上に、ファイルが1つ出来上がるイメージです。

そして、作業を再開して、再度「下書き保存」をクリックすると、またサーバーのデータベース上にその保存データが出来上がります。

このように、WordPressのリビジョンでは、サーバーのデータベース上に、保存データがドンドン溜まっていくようになります。

これが増え続けることにより、サーバーに負荷がかかると言われています。

WordPressでリビジョンが無い!そんな時の対処法は……

テーマや使用しているエディタによって、「リビジョン」の項目が出現する場所が異なります。

くま太君

ボクのは、横っちょのパネル内にひっそりあったよ!

WordPressのリビジョンはこんな所にあります。

・記事の編集画面の編集領域のずっと下の方
・横の各種パネルの中

ですが、上記の場所に無い場合もあります。

万が一WordPress上にリビジョンが無い場合は、編集画面の一番上に「表示オプション」というタブの中に、チェック項目があります。

その中の「リビジョン」にチェックをしてあげると、出現してきます。

テーマによっては、編集を進め、リビジョンの保存データが出来上がった時に、こっそり出てくるものもあります。

WordPressリビジョンの使い方を知ろう!

くま太君

実はこのWordPressリビジョン、チョット見方が慣れるまで紛らわしいかもしれないね。
保存した前の状態に戻れるって、こう言う事だよ。

まずは、こんな投稿の編集画面があります。

リビジョン03

「リビジョン」の項目をクリックすると、下記の画面になります。
(私のテーマだと、横のパネル内にありました)

リビジョン04
画像1

上記図の青線で囲まれた緑背景部分が、左側の「①1つ前の保存状態」よりも後に、追加で書かれた現在の原稿部分として示されています

現状の実際の編集画面の原稿は、上の図の「②現状」の状態にあります。

では、左上の「前へ」ボタンをクリックしてみましょう。

すると、

リビジョン04
画像2

右側の緑の背景部分を見ると、前の画像の左側にあった原稿(①1つ前の保存状態)が表示されています

右上の「次へ」ボタンをクリックすると、最初に見て頂いた、「画像1」の状態に戻ります。

また、この状態で右上の「このリビジョンを復元」をクリックすると、

リビジョン06
画像3

上記のように投稿の記事編集画面へ戻り、「①1つ前の保存状態」の文章に変更されています

保存されていた、過去の状態に戻ったということです。

一番最初に見た「世に文章を放出しているので〜」の文章が削除されていますね。

つまり、右側に表示されている内容が、投稿編集画面での実際の原稿とイコールになるようになっています。

ちなみに、更に「世に文章を放出しているので〜」の文章があるの状態に戻したい場合は、もう一度「リビジョン」をクリックして、上記と同様の操作をすれば、保存履歴が残っているうちは、元に戻す事が可能です

このようにリビジョンは、保存状態が残っている所まで戻ることができます。

また、変更箇所の背景に色が付されて、前と今の比較ができるようになっています

更に、下記の画像4を見てください。

編集画面上で「くまた君も喜んでおります」という文言を文中に追加したのですが、追加部分が濃いラインで表示されています

右側が「現在の原稿の状態」、左側が「保存された一つ前の状態」でしたね。

このように編集した細かい差異まで、判別することが可能です。

くま太君

下の図みたいに、実際に文章を修正した箇所まで教えてくれるんだ!

リビジョン07
画像4

文章をメインで扱うブロガーさんには、校正やリライトするとき役立つかもしれませんね。

言葉で云々言われても、とても紛らわしいですよね。

ご自身で実際にWordPressのリビジョンをポチポチして、変化を確認されると理解が深まるでしょう。

やっぱり「実際やってみる」に勝る学習はないかも知れません。

WordPressリビジョンがサーバーに負荷を掛けている?!

では、冒頭でお話した、サーバーに負荷がかかるとはどう言う事でしょうか?

それは各保存データが、それぞれの履歴としてサーバーのデータベースに残り、どんどん積み重なりひっ迫していくという状態です。

くま太君

どんどん溜まってサーバーの動きがおかしくなっちゃう事もあるんだって。
もちろん、WordPressのリビジョンだけが、原因じゃないけども。

ちなみに、WordPressは自動保存もされているとお話しました。

WordPressの自動保存自体は、先にお話したように一回分のみです。

ですので、WordPressの自動保存に関しては、何度自動保存されても上書き状態になり、大した負荷にはなりません。

上書き保存だと、元の保存データに新しいデータを書き換えているので、古いデータが残っていませんよね。

ですがWordPressのリビジョンは違います。

リビジョンで元の状態に戻れる機能だ!ということは、その履歴がそれぞれ残っているということです。

その履歴がどこに残っているかというと、サーバーのデータベースに保存されています。

くま太君

ここでチョット想像してみて!

WordPressリビジョンに何も手を入れていない、保存し放題の初期状態です。

一つの記事に10個のWordPressリビジョンが出来上がったとします。
これで、投稿した記事がめでたく100個になりました!
  10×100=1,000

この1,000個分のWordPressリビジョンで出来た保存データが、データベース内で幅をきかせていることになります。
このデータを使っていないのに……です。

くま太君

記事が増えるごとにデータベースに情報が溜まっていくんだね。

1つ1つの容量はたいしたことはありません。

ですがこれが増えていくと、最終的には膨大な容量に成長しますよね。

これが、サーバーに負荷がかかると言われている正体です。

初期の頃は溜まった容量はたいしたことがないので、全く気になりません。

ですが、放置しっぱなしでいると、最悪……

・モッサリ重くなる
・作業中にエラーが起きる
・重傷だとサーバーアラートがでる

ちょっと恐い目に合うかもしれません。

くま太君

とにかく、パフォーマンスが超悪くなるんだよ!

私は未だアラートの危機に直面したことはありません。

ですが仕事の中で、サーバーがひっ迫して、モッサリ状態になったことがあります。
長年使用した古いサーバーだったのですが……

これは、サイト運営では危機的状況です。

もちろん、WordPressのリビジョンだけが原因ではありません。

ですが、いらないものを削除したり、データベースを整理したりと、大人数でてんやわんやでケアした経験があります。

かなり面倒くさかったです!

ここまでいくのはよっぽどの事態ですよ!

このような目に合わない為にも、WordPressリビジョンを制御したり、溜まったリビジョンを削除したりの対策を施しましょう。

WordPressのリビジョン制御でサーバーに優しくなろう!

くま太君

溜まりきる前に、早い内からWordPressのリビジョンをケアしておこう!
後で忘れちゃうこともあるからね!

方法としては、

・リビジョンの使用を完全にやめる
・リビジョンに回数制限を付ける

この上記制御をするには、以下の方法があります。

・プラグインを使う
・wp-config.phpファイルに書き込み制御する

では、実際の使用方法を見てみましょう。

WordPressリビジョン制御用にプラグインを使う

私が実際に使用したことがあるプラグインは「WP Revisions Control」というものです。

使用方法はこちらです。

STEP
プラグイン「WP Revisions Control」をインストールする
くま太君

プラグインのインストール方法は、この記事を参考にしてみてね!

管理画面のダッシュボード「プラグイン」の「新規追加」から「WP Revisions Control」を検索

プラグインの「有効化」まで終え、プラグインの一覧に「WP Revisions Control」が表示されているのを確認します。

STEP
ダッシュボード「設定」→「投稿設定」をクリック
リビジョン01

プラグインがきちんと反映されていれば、「投稿設定」の下部に「WP Revisions Control」の設定項目が出現します

リビジョン02

これはプラグインを有効化していなければ、この場所に上記の設定項目はありません

私は、普段使用する投稿と固定ページのみに「2」を設定しました

その他は、使用頻度がほとんど無いので、「0」としています。

これを「変更を保存」して終了です。

ちなみにこの「2」の数字は、リビジョンの数です。

これ以上のリビジョンは自動で削除されていきます。

そのため、元に戻れるのは2つ前までのデータ、という事になります。

ここで、「0」を入れると、投稿ページにあったWordPressリビジョンの項目が消えていました。

完全にWordPressリビジョンを利用しないという設定になります。

設定は以上です。

時間も掛からず、とても簡単にできました。

実際の投稿画面に戻り、設定した任意の数のWordPressリビジョンになっていれば成功です。

ただ、過去のリビジョン数は残ったままの場合がありますので、新規ページで確認するのが良いでしょう。

WordPressリビジョン制御にプラグイン不要!wp-config.phpファイルに書き込む

くま太君

マッツンは、こっちの方法で設定しているよ。

wp-config.phpファイルとは、データベースに接続するための情報やWordPressの根幹に関わる超重要ファイルです。

wp-config.phpファイルにリビジョン制御のコードを書き込めば、プラグインは不要です。

ただし、これは超重要ファイル

これを書き誤ると、
真っ白になります。
動かなくなります。
と、恐いことになります。

ファイルを扱う編集は、思いがけないアクシデントに見舞われることがあります。
このようなカスタマイズは、自己責任のもと、必ずファイルのバックアップを取ってから、作業を行ってください。

ファイルの場所はWordPressインストール後の第1階層(「wp-contentフォルダ」がある階層です)にあります。

では、実際の作業工程を見ていきましょう。

STEP
FTPでwp-config.phpファイルをダウンロード
STEP
wp-config.phpファイルをエディタで開く
STEP
下記の①又は②の記述の上に、黒BOX内のコードを書き込む

※①の文言がなければ、②の文言の上にコードを記述します。

/* カスタム値は、この行と「編集が必要なのはここまでです」の行の間に追加してください。 */

この記述が無ければ、

② if ( ! defined( ‘ABSPATH’ ) ) {
define( ‘ABSPATH’, DIR . ‘/’ );}

「2」の数字はリビジョンを2個残すという意味です。
3個残したければ「3」を記載します。

define('WP_POST_REVISIONS', 2);

また、リビジョンは使わない!と言う場合は以下のコードを記載してください。

「false」は「しない」と言う意味と捉えてOKです。

define('WP_POST_REVISIONS', false);
STEP
ファイルを保存してFTPで元の場所にアップロードします。

ファイルを変更する際は、必ずバックアップを取っておきましょう。
また、ファイルを扱う編集は、思いがけないアクシデントに見舞われることがあります。
このようなカスタマイズは、自己責任のもと、作業を行ってください。

STEP
実際の投稿画面に戻り、任意の数のリビジョンになっていれば成功です。

ただ、過去のリビジョン数は残ったままの場合がありますので、新規ページで確認するのが良いでしょう。

私は、基本プラグインを増やしたくないので、実際当ブログはこのwp-config.phpファイルを編集してWordPressリビジョンを制御しています。

私はこの設定時、WordPressリビジョン数「0」も考えました。

ただ、まだ始めたばかりのブログサイトなので、当面はリビジョン数「2」で動かしていく予定です。

2022.6.1現在、リビジョン数「0」に変更しました。
当記事を執筆して約4ヶ月程、リビジョン関連の記事を書く以外に、全く利用しなかったからです。
データの保存はされなくなりますが、リビジョン自体の設定は簡単なので、思い切って止めました。

今までWordPressリビジョンのケアも無く、データが溜まり放題の方はいませんか?

サーバーへの負荷回避のため、リビジョンの削除処理をする事を、おすすめします。

くま太君

下記の記事ではWordPressリビジョン削除の方法をご案内しているよ。
良かったら合わせて確認してみてね。

今回のまとめ。WordPressリビジョンを制御して使いこなそう!

くま太君

WordPressリビジョン、どうしよう。
無いなら無いで、何か心配な気がしないでもないよ。

WordPressの標準機能、リビジョンの正体と扱い方に関して、いかがでしたか?

私自身も、今後のサーバーへの負荷を考えて、リビジョンを切る事も念頭にあります。

正直、使っていないので……

ですが、すぐにサーバーがどうこうなるものでもないので、様々な要因と関連付けながら、様子を見ていく予定です。

ここで、最後のまとめをしておきます。

リビジョンは以下の働きをしています。

・下書き保存
・非公開保存
・公開済み保存
・更新保存
・戻りたい所まで戻してくれる、記事編集のバックアップ機能

なかなかの優れものですよね。

ですが、長年放置しすぎると、サーバーに負荷を掛ける一要因でもあるので、注意が必要です。

WordPressのリビジョンを切ってしまって、いざという時が心配!と言うときは、プラグインやwp-config.phpファイルの編集を使って、回数制限してしまうのがよいでしょう

長い目でみたら、早い段階でリビジョンに対してのケアはしておいた方が、後々楽です。

・WordPressリビジョンの回数制限などで制御する
不要なWordPressリビジョンを削除する

後で変にメンテナンスをしなくて良いように対策をして、いつまでも快適にブログ作業が出来るようにケアしてあげましょう。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

☆読んでくれてありがとう!よかったらシェアしてね!☆
目次