【Pick Up!!】『ブログ用語集』始めました!100以上の用語をサクッと解説!

WordPressリビジョン削除方法|プラグインとMySQLの簡単解説!

動作を快適に!リビジョンを削除しよう!

当ページでは、溜まってしまったリビジョンの削除方法を、プラグイン・データベースの2種類の方法から解説します。

以前、リビジョンの役割と使い方、サーバーに負荷がかかる理由についてご案内しました。

リビジョンを何もせず放置しておくと、サーバーのデータベースにこのリビジョンの保存情報がどんどん溜まっていきます。

それは、サーバーに負荷を掛け、サイトの動作が悪くなる原因となります。

そうなると当然サイトの表示スピードが遅く、Googleの評価も悪くなります

リビジョンの履歴を残しておいても、特に得する事はありません。

早めに対策をしておく事がおすすめです。

これで一つ、サーバーメンテナンスは終了ですね!

くま太君

以前のリビジョンについての説明は、こっちの記事を見てね!

WordPressリビジョンとは?回数制限で上手に使いこなそう!

●この記事を読むと分かること
・リビジョンを削除する理由
・溜まったリビジョンの削除方法

目次

WordPressリビジョンを削除する理由

くま太君

一言で言うと、サーバーに負荷がかかるからだよ。
そしてサーバーが重くなると、動作も遅くなる!
ユーザビリティも悪いし、Googleの評価も悪くなる!
良いこと無いから、早めに対策しておこう!

以前の記事で詳細にお話していますので、ここでは簡単にお話します。

リビジョンを削除する理由は、サーバーの負荷を回避するためです。

WordPressでリビジョンの設定を活かしていれば、その保存データはサーバーのデータベースに溜まっていきます。

リビジョンの増えるイメージ
WordPressリビジョンが増えるイメージ

一つ一つは大した容量ではありません。

ですが、記事が増える毎に、何のケアなくWordpressでリビジョンを使用していれば、積もり積もって膨大な数になります。

サーバーをひっ迫させる原因は、もちろんこれだけではありません。

[アイコン icon-link] WordPressプラグインの入れすぎ注意?!なんで?ダメなの?

ですがサーバーに負荷を掛ける要因の一つと言われています。

だからと言って神経質になることもありません。

記事が完成し「もう大きな手直しも無し!」となれば、サーバーを快適に使う為のメンテナンスと思って、溜まりきったリビジョンを削除してしまえば良いのです。

1記事終わった毎に行う必要も無いので、適度に行えばOKです。

くま太君

「使っていない」データがサーバーに残りっぱなしになっているって事が負荷の原因だね。

1記事で、無尽蔵にWordpressリビジョンを増やさないという方法もありますので、こちらの記事も参考にしてみてください。

WordPressリビジョンの回数を制限するだけでも、何もしないよりサーバーへの負荷はかなり軽減されます。

是非、試してみることをおすすめします!

WordPressリビジョンの削除方法

くま太君

WordPressのリビジョンの削除方法には2種類あるよ。
おすすめはプラグインを使う方法だよ。

リビジョンの削除方法として、以下が考えられます。

・プラグイン
・phpmyadmin(MySQL)の直削除

WordPressリビジョンの削除はプラグインがおすすめ!

おすすめは断然プラグインの使用です。

またphpmyadmin(MySQL)での削除とは、サーバーのデータベースに直に命令文を書き込む方法です。

手順をきちんと踏んで行えば問題ないですが、さすがにサーバーを直接触るので不安ですよね。

プラグインでしっかり削除できるので、安全なプラグインを使う削除方法で行った方が良いでしょう。

MySQLで、誤って別の物を削除してしまったら……。

考えるだけでも恐ろしいので、考えるのはやめにします。

WordPressリビジョンを削除する前に、バックアップをしよう

くま太君

プラグインでリビジョン削除する前に、念のためサイトのバックアップを取っておいた方がいいよ!

どんな作業でも、大きな作業をするときは、万が一を考え、必ずバックアップを取ってから行いましょう。

サイトのバックアップにはこちらを参考にしてみてください。

また、All-in-One WP Migration以外に「BackWPup」というプラグインもお勧めです。

使用者も多く有名で、とても簡単にバックアップができ、シンプルでとても使いやすいです。

ほぼ、ポチポチするだけの作業で完了できます。

私も使用したことがあります。

おすすめのリビジョン削除ができるプラグイン

くま太君

おすすめは悩むけど「WP-Optimize」って言うプラグインかな。

リビジョン削除におすすめなプラグインは

・WP-Optimize
・Optimize Database after Deleting Revisions

「リビジョン削除」のみに限って言うと、「WP-Optimize」がおすすめです

使用者も多く、日本語対応で扱いも簡単だからです。

「Optimize Database after Deleting Revisions」も優れものですが、英語表記です。

簡単にやれることをご案内すると、

・リビジョンを削除
・リビジョン保存件数の制御
・データベース最適化

「WP-Optimize」でも同じような事ができるので、日本語対応の方が安心して作業できると思います。

そのため、今回は「WP-Optimize」でご案内します。

プラグインWP-Optimizeでリビジョン削除をする方法

くま太君

WordPressリビジョン削除にプラグインを使うと、簡単・安全!

「WP-Optimize」プラグインをWordpressにインストールする方法は、下記の記事をご参照ください。

ここからは「WP-Optimize」インストール&有効化後からご案内します。

ちなみに、現在のリビジョンは下記図の状態です。

サーバーのデータベースで、Wordpressリビジョン数を検索してみました。

下記は実際のサーバーデータベースの図です。

MySQL
サーバーデータベースのリビジョン数

現在4個のWordpressのリビジョンが、サーバーのデータベース内に格納されています。

では、「WP-Optimize」プラグインを使った、Wordpressリビジョンの削除方法を、見ていきます。

STEP
管理画面のダッシュボードの「WP-Optimize」をクリック
WP-Optimize

インストール&有効化まできちんとされていたら、このように自動で表示されます。

STEP
上部にある「最適化」タブの「すべての投稿リビジョンをクリーン」にチェック
WP-Optimize
STEP
「すべての投稿リビジョンをクリーン」の右側の「最適化を実行する」をクリック
WP-Optimize02

上図はプラグイン「WP-Optimize」内の結果です。

「0個の投稿リビジョンを削除しました」とコメントが変わっています。

WP-Optimizeプラグインで、実際のデータベースからきちんとWordpressリビジョンが削除されているかを確認しました

データベースで検索を掛けて、調べた結果、

MySQL02

「返り値が空でした」となり、検索してもWordpressリビジョンがヒットしません。

と、言う事で、綺麗にWordpressリビジョンは削除されました。

また、テーマによって表示形式が違うかもしれませんが、上記削除後は、投稿の編集画面にあるリビジョンの項目が消えていました。

こちらでも、削除されたと確認できると思います。

STEP
以上で終了です。お疲れ様でした。

このように、「WP-Optimize」プラグインを使用すると、簡単にWordpressリビジョンの削除を行う事ができます。

プラグインWP-Optimizeで他に出来ること

今回はWordpressリビジョン削除に焦点を当てていますが、「WP-Optimize」の設定画面を見ていただくと、様々なお掃除をすることができます。

・データベーステーブルの最適化
・すべての自動下書き投稿をクリーンアップ
・すべてのゴミ箱内の投稿をクリーンアップ
等など

これらを上手に使ってメンテナンスを行い、快適ブログ生活を目指しましょう!

くま太君

しつこくてゴメンネ。
だけど、バックアップは忘れずにね!

データベースphpmyadminMySQL)でのリビジョン全削除方法

こちらは、あまりおすすめしないので、ちょっとだけ。

「へ〜、データベースってこんなんなんだ〜」位に思って頂けたら、いつか参考になるかな?と思い、簡単に掲載しておきます。

今回は下記図のように、リビジョン5個をALL削除します。

MySQL03

サーバーのデータベース、phpmyadmin(MySQL)に入るには、契約しているレンタルサーバーの、サーバーパネルから、入ることができます。

STEP
phpmyadmin(MySQL)の「SQL」タブを開く
MySQL04
STEP
SQL文の書き換え

上記図の元からある文を全て削除して、そこに下記黒BOXのSQL文をそのままコピペします。

DELETE FROM `wp_posts` WHERE post_status = 'inherit' AND post_type = 'revision';
STEP
右下の「実行」ボタンをクリック

命令文が実行されて、リビジョン5個分が削除されました。

MySQL05
STEP
以上終了です。お疲れ様でした。

念のためサーバーのデータベースから、Wordpressリビジョンを検索をしてみると、「返り値が空でした」と返答されました。

きちんとWordpressのリビジョンの削除が完了していることが、確認できました。

MySQL05

データベースphpmyadmin(MySQL)での削除も、とても簡単にできます。

ですが、データベースを直接触るのは、不安で恐いですよね。

プラグイン「WP-Optimize」でも、きちんとWordpressリビジョンが削除されているのが実際に確認できました。

プラグイン「WP-Optimize」を使用する方が、楽で安心感があります。

やはり、プラグイン「WP-Optimize」を使用して、Wordpressリビジョンを削除する方をおすすめします。

今回のまとめ。不要なWordpressリビジョン削除で快適ブログを!

くま太君

プラグインを使って、簡単にできたね!
これで悠々自適のブログ生活が送れそうだよ?!

今回は、前回の記事に引き続き、Wordpressリビジョンをテーマに扱いました。

・リビジョンを削除する理由
・溜まったリビジョンの削除方法

WordPressリビジョン削除の方法は、

・プラグインを使う
・データベースphpmyadmin(MySQL)を直操作

があります。

やはり、データベースを直にいじるのは、危険ですし抵抗がある方が多いと思います。

そのため、安全なプラグインを使用して削除することをお勧めします

私も今回の記事作成のため、テストサイトでphpmyadmin(MySQL)を操作しました。

ですが正直な所、実際のサイトでは極力触りたくありません。

私のモットーとして、できるだけプラグインは使いたくない!というのがあります。

ですが、この件に関してはサクッとプラグインを導入して削除処理をし、サッサとプラグインを削除してしまう方法を取ります。

どのプラグインとの付き合い方でも、臨機応変に対応することがベストですね。

私はいつも、プラグインをあまり入れたくないとお話しています。

テーマとプラグイン、プラグイン同士、それぞれで干渉を起こし不具合が発生するのが一番嫌なのです。

その他にも理由はありますが、それはこちらの記事( WordPressプラグインの入れすぎ注意?!なんで?ダメなの?)をご覧ください。

プラグイン入れすぎ注意の理由を説明しています。

では、今回もここまでお読み頂き、ありがとうございいました。

お疲れ様でした。

☆読んでくれてありがとう!よかったらシェアしてね!☆
目次