【Pick Up!!】『ブログ用語集』始めました!100以上の用語をサクッと解説!

WordPressプラグインの入れすぎ注意?!なんで?ダメなの?

Wordpressプラグインの入れすぎ注意

WordPressのプラグインって、入れすぎても良くないんだって!

と、聞いた事はありませんか?

当ブログの中でも、私は時々、WordPressのプラグインはあまり入れたくないと、述べています。

それは何故でしょうか?

WordPressのプラグインはとても便利だし、手動でやるには難しい事も、簡単に出来てしまいます。

ですが、これ、実はあまり入れすぎても、少々やっかいな場合があるのです。

今回は、Wordpressプラグインが、入れすぎ注意!と言われるこれらの理由を、紐解いていきます。

この記事を読むと分かること
WordPressプラグインが入れすぎ注意な理由
・セキュリティに不安が出やすくなる
・メンテナンスが面倒
・負荷が大きくなる
・エラーの可能性が増える
を、解説します。

目次

WordPressプラグイン簡単におさらい!

くま太君

チョット簡単におさらいしてみよう。
WordPressプラグインって、何なんだ?

プラグインはWordpressをより便利に使うための、拡張機能です。

元々Wordpress自体は、余計な部分をそぎ落とし、シンプルに、軽く作られています。

そこに各自で必要な機能を、Wordpressプラグインで補い、カスタマイズしていきます。

WordPressプラグインはどんな機能がある?

どんな種類のWordpressプラグインがあるの?と言われれば、それはもう、星の数ほどあります。

例えば、

・セキュリティ関連
・レイアウト関連
・装飾・デザイン関連
・フォーム関連
・SEO対策関連
・画像関連
・サイトスピード関連
・バックアップ関連
・サイトマップ関連
・コード関連

等など、様々です。

素のWordpressには、たとえ有っても、簡易な機能しかありません。

それを補うために、Wordpressプラグインを導入することになります。

より良いサイトを作成するために、皆さん色々考えますよね?

あの機能も欲しい、この機能も欲しいと、Wordpressプラグインをドンドン、インストールしがちです。

その気持ち、凄く良く分かります!

私もできるなら、あれもこれも使いたい!

でも、当ページでお話する注意点が頭をよぎり、泣く泣く諦めたり、Wordpressプラグインを使わないで、コードを書いて対応したりするようにしています。

では、何故私が、泣く泣く諦めているのかを、お話していきます。

WordPressプラグインの入れすぎ注意の理由

くま太君

まずは、何がWordpressプラグイン入れすぎ注意なのか見てみよう。

色々なカスタマイズができて、機能が拡張できて、とっても便利なWordpressプラグインです。

なのに、入れすぎは注意!と良く言われる理由は、ズバリ!

・セキュリティに不安が出やすくなる
・メンテナンスが面倒
・負荷が大きくなる
・エラーの可能性が増える

簡単に言うと、こんな感じです。

こう言われると、なんとなくでも「そうかも」と思う部分はありませんか?

ですが、逆になんでなの?と思う事もあるでしょう。

もちろん、何個入れたからダメ!とか、上記で理由として挙げた現象が、絶対に起こるとは限りません。

また、今は大丈夫でも、バージョンアップしたらおかしくなった!という場合もあります

この辺りは中々にスリルがありますね。

では次から、個別に詳細を見ていきたいと思います。

セキュリティに不安が出やすくなる

Wordpressプラグインの入れすぎ注意セキュリティに不安
くま太君

サイトを運営されている方なら、お問い合わせフォームを設定している方もいるよね。
セキュリティ繋がりでスパムについても書いたので、良かったら参考にしてね。

くま太君

セキュリティ関連のWordpressプラグイン入れているのに、セキュリティに不安ってどう言う事なの!

セキュリティ入れているのに何で?と思いますよね。

そのセキュリティが悪いのでは無く、網の目をくぐってやってくる悪意が、悪いのです。

・不正アクセス
・乗っ取り・改ざん
・情報流出

等ですね。

WordPressは狙われやすい?

WordPressはご存じのように、世界中に利用者が多いWEBソフトです。

そしてオープンソースと言われ、システムの構成内容が、公開されていて、誰でも知ることができます。

丸見えですよ!

そうなると、悪い事し放題だと思いませんか?

そのため、Wordpressはちょくちょくアップデートがありますし、みなさんも、Wordpressセキュリティプラグインを導入したり、対策を取っている事でしょう。

こうすることで、悪意からサイトを守っています。

いたちごっこですから、修正したら追いかけられる、この繰り返しが起こっています。

WordPressプラグインが1番狙われる?

くま太君

だって、星の数ほどあるもの。
それに、Wordpressプラグインの1つ1つに、強固なセキュリティが掛かっているとは限らないでしょ?

脆弱性や悪意から守る為に、Wordpressプラグインもアップデートを繰り返しています。

WordPressプラグインも誰でも入手できるので、仕組みを解析するのは、プロの方なら簡単です。

現在なら、コンピューターを使う方法もあるでしょうしね。

特に以下は危険と言われます。

・アップデートが止まっている
・よく分からないサイトにあるWordpressプラグイン

アップデートが止まり、開発がされていない物は、セキュリティレベルが置いてきぼりになっており、危険な可能性が高いです。

サイトにセキュリティを掛けていても、その脆弱性のあるファイルに狙いを付けて、入り込んで来る事になります。

また、よく分からないサイトにあるWordpressプラグイン、あまり利用する人はいないと思いますが、初めから悪さするファイルを紛れ込ませておけば、良いのですものね。

では、何がWordpressプラグインの入れすぎ注意に繋がるのかと言うと、脆弱性のあるものがあると、そこから悪意が入り込む危険度がUPするからですね。

WordPressプラグインの数があれば、その分こういった危険度が増すと考えられます。

また、WordPressプラグインはアップデートがないと、割と放置しがちではありませんか?

それが開発ストップにうっかりなっていて、放置していたら、そこから脆弱性が見つかり、入り込まれると言う事も考えられます。

そのため、Wordpressプラグインの入れすぎ注意と、紐付けられますね。

メンテナンスが面倒

Wordpressプラグインの入れすぎ注意メンテナンスが面倒
くま太君

WordPressプラグインの数が多ければ、更新などの手間も増えるよね。

自動更新にしておけばいいじゃん、となりますよね。

自動更新にしておくと、大変便利です。

確かにそうなんですが、出来れば、更新状態は把握しておくことがおすすめです。

下記で少し述べますが、アップデートしたことにより、エラーが出る可能性があり得るからです。

自動更新されると、知らぬ間に更新されているので、どのWordpressプラグインに変化があったか分かりません。

片っ端からチェックするのも良いですが、時間がもったいないです。

エラー回避・解消のためには、現状を把握しておいた方が、復旧への近道ですからね。

・更新が止まっている
・更新されているが、サイトの環境と相性が悪くなった

この辺りは要チェック事項です。

WordPressプラグインを入れすぎると、この扱いが疎かになりがちなので、注意しましょう。

忘れがちだし、面倒ですが、現状把握は大事なんです。

負荷が大きくなる

Wordpressプラグインの入れすぎ注意負荷が大きくなる
くま太君

答えから言っちゃうと、結果、サイトの表示が遅くなると言う事。
これは見逃せないよね。

では、Wordpressプラグインの入れすぎで、負荷が大きくなるとは、どのいうな事でしょうか?

WordPressプラグインは先に見たように、各々が、色々な種類の機能を持っていますね。

その機能によって、異なる部分は多々ありますが、

・サーバーに負荷が掛かる
・データの読込に時間が掛かる

そして、上記の量が多いほど、結果、サイトの表示速度が遅くなります。

表示速度が遅くなると、Googleの評価が下がりますし、読込が遅いために、閲覧者の離脱にも繋がります。

サイトの表示速度が遅いと、良い事が無いので、ここは改善しておきたいところですよね。

サーバーに負荷が掛かるって何故?

これは、導入したWordpressプラグインの種類にもよります。

もちろん、Wordpressプラグインを導入すると言う事は、そのWordpressプラグインの全データをサーバー上にアップロードする事になります。

WordPressプラグインによっては、かなりの数のファイルによって構成されているものもあります。

しかし、ファイル数が多いからと言って、それがサーバーの負荷への直接の原因には、なりにくいです。

まあ、少ないに越したことはありませんが……

では、何が問題かと言うと、特に挙げると

・サーバーのデータベースに書き込むWordpressプラグインを使った場合

です。

・ランキング
・コメント
・カテゴリ
・商品管理
・履歴関連

履歴やデータを所持しておく系の、Wordpressプラグインに多く見られます。

この辺りは、ガッツリサーバーのデータベースに書き込まれるので、使うたびにチョコチョコ容量が増えていきます。

サーバーで使う容量が増える程、サーバー容量が圧迫されて、モッサリ重たく遅くなってくると言う事ですね。

また、データベースの処理のみでなく、通常のページ処理量も増えるので、モッサリ原因ともなります。

次のデータの読込に時間が掛かると、密接な関係にあります。

データベース繋がりで、WordPressの標準機能・リビジョンのケアはされていますか?
案外ほったらかしになりがちなWordPressリビジョンは、サーバーのデータベースの圧迫原因の一つです。
このケア方法をまとめていますので、よろしければ参考にしてみてください。
WordPressリビジョンとは?回数制限で上手に使いこなそう!
WordPressリビジョン削除方法|プラグインとMySQLの簡単解説!

データの読込に時間が掛かる

これは、先のサーバーに負荷がかかる、と密接な状態でもあります。

・サーバー容量増えて、動きが遅くなる
  ↓
・サーバーからのレスポンスが遅くなる
  ↓
・結果、表示が遅くなる

この他に、WEBページを表示させる際、多くのWordpressプラグインがある場合、物によって、必要な情報をその分読み込まなくてはならないものもあります。

・リクエスト処理に対する、実行コードの読み込み量が増える
  ↓
・その実行コードに対して、使用メモリ量が増える
  ↓
・処理に時間が掛かる

ちょっと、それっぽく言ってみました。

簡単に言うと、このページ見たい!ポチ!とした時、Wordpressプラグインを入れた分だけ、サーバーのやる事(処理)が増えて、時間が掛かっちゃうよ、と言うイメージです。

物によっては、体感できる程、表示に差が出る場合もあるので、よく観察してみましょう。

明らかに動きがおかしい場合は、使用中止しましょう。

WordPressプラグインは入れすぎ注意だ、と頭の片隅においておいて頂ければ、この項目は回避しやすいかな、と思います。

エラーの可能性が増える

Wordpressプラグインの入れすぎ注意エラーの可能性が増える
くま太君

これは経験した事がある方も、いるんじゃないかな?

簡単に言うと、機能やWordpressプラグインを構成するコードが重複して、エラーを起こすことがあります。

・エラー表示が出る
・動かない
・画面が白くなる
・レイアウトが崩れる

等の状態に陥る事があります。

あるWordpressプラグインを、無効化したら、正常に戻ったというのは、良く聞く話です。

むしろ、不具合が出たら、Wordpressプラグインを無効化してみよ!と言っても良い位です。

WordPress・テーマ・プラグインのこの3つ共に、沢山のコードファイルから成り立っています。

サイトを運営していくには、これら3つのバランスが重要です。

そのため、どこかがバッティングしてしまうと、エラーの原因になってしまうのですね。

そして、例えコードが重複していなくても、導入したWordpressプラグインに怪しいコードが書き込まれていれば、それだけでエラーを起こすことがあります。

当然、Wordpressプラグインの数が増えれば、その分だけ、上記の原因の確率が上がりますよね。

また、Wordpressプラグインでアップデートがあった場合、当然今まで無かったコードが追加されます。

そのため、アップデートしたら、エラーが出た!という場合もあるのです。

WordPressプラグインを入れすぎると、これらの危険性がUPする可能性がある、と覚えておきましょう。

WordPressプラグインへの対策は?

くま太君

必要最低限!
要らない物は即削除!
これ鉄則?!

・セキュリティに不安が出やすくなる
・メンテナンスが面倒
・負荷が大きくなる
・エラーの可能性が増える

これらの事から、私は仕事でも、当ブログでも、Wordpressプラグインは、なるべく入れすぎない事を心がけています

・必要最低限の利用に抑える
・使っていない物の即削除
・アップデートをする

当たり前過ぎる対策でしょう、と言われそうですが、案外これが大事だったりします。

また私は、Wordpressプラグインを使わないで、簡単に設定できるものは、なるべくWordpressやテーマに書き込み、対処しています。

案外簡単にできるものもあるので、別の機会にご案内していきたいと思います。

今回のまとめ。Wordpressプラグイン入れすぎ注意!

WordPressプラグインは、入れすぎるな!と言われても、必要なものって結構ありますよね。

たまに、何個までならOK?と言うのも見かけますが、個数と言うよりも、そのWordpressプラグインの質の方が大事かなと、思います。

導入したWordpressプラグインの仕様により異なりますが、30個程入れていても、サイトの動きがさほど遅くなっていないサイトの経験もあります。

ですが、導入した分だけ、

・セキュリティに不安が出やすくなる
・メンテナンスが面倒
・負荷が大きくなる
・エラーの可能性が増える

その他の部分にしわ寄せが、来るかもしれませんよね。

ご自分で管理が出来る最小の範囲で、運用していくことがベストです。

やっぱり、WordPressプラグインは入れすぎ注意、と言う結論にたどり着きます。

今一度、ご自分のサイトのWordpressプラグインを、この機会に見直してみたらいかがでしょうか?

ここまで、お読みいただき、ありがとうございました。

☆読んでくれてありがとう!よかったらシェアしてね!☆
目次