【Pick Up!!】『ブログ用語集』始めました!100以上の用語をサクッと解説!

簡単5分!エックスサーバーWordPressインストール方法解説!

簡単5分!エックスサーバーでWordPress簡単インストール
Q.ブログの始め方の順序は?(クリック!)

①サーバーの契約

②独自ドメイン取得

③サーバーにドメイン設定

④WordPressのインストール ←今ここ

⑤サーバーにSSL設定

⑥常時SSL化

⑦WordPressにテーマをインストール

ブログ制作過程の大まかなながれです。
④移行は順番が多少違ってもOK。

くま太君

サーバーとドメインを契約したら、
さっそくWordPressを、サーバーにインストールしよう!
サーバーパネルを触るのは、かなりドキドキするよね。
じっくり解説していくから、安心してね。

サーバーとドメインの契約が終了したら、次はWordPressをサーバーにインストールです。

今回はエックスサーバーの、『WordPress簡単インストール』の方法を解説します。

エックスサーバーWordPress簡単インストールの設定方法だけでなく、注意事項や設定のポイントも、図解入りで大公開!

ぜひ参考にしてみてください。

ドキドキするサーバーでの設定も、これで最終段階。

あと一踏ん張り、頑張りましょう!

目次

WordPressをインストールする前に

くま太君

WordPressをインストールする前に、
準備しておくことをお話しておくね。

これをしておかないと、WordPressをインストールできませんので、前段階の情報をお伝えします。

・エックスサーバーの契約
・独自ドメインの取得
・独自ドメインをエックスサーバーに登録

この3つが終了していることが、エックスサーバーでWordPressをインストールする前提条件です。

このページでは、独自ドメインをエックスサーバーに登録が済んでいるという前提で、解説していきますので、上記3つは終了させておきましょう。

エックスサーバーの契約

くま太君

サーバー契約は終わっているかな?

サーバーを契約していないと、WordPressをインストールする場所がありませんよね。

前もって、サーバー契約を終わらせておきましょう。

独自ドメインの取得

くま太君

WordPressを使用するのに、独自ドメインが必要だよ。
独自ドメインを契約しておこう。

サーバーを契約するときに、一緒に独自ドメインも契約できます。

キャンペーンによっては、独自ドメインの料金が割引されていたり、無料になっていたりするので、キャンペーン情報をお見逃し無く!

人気レンタルサーバーのキャンペーン開催情報全10社を一挙公開!

忘れがち!独自ドメインをサーバーに登録

くま太君

独自ドメインを契約しただけだと、まだその独自ドメイン、使えないから気を付けてね。

独自ドメインを契約しただけだと、WordPressはインストールできません。

エックスサーバーのサーバーパネルで『ドメイン設定』が必要

このドメイン設定を忘れて、WordPressがインストール出来ない!と慌ててしまうことがあります。

ドメイン設定が終了しているか、確認しましょう

契約した独自ドメインを、エックスサーバーのサーバーパネルから『ドメイン設定』をして、サーバーで使用できるようにします。

エックスサーバードメイン設定-1
エックスサーバーサーバーパネル

下記図の赤枠内に、契約した独自ドメインを入力して、設定していきます。

くま太君

簡単に設定できるから、安心してね。

エックスサーバードメイン設定-2
独自ドメインの設定

この『ドメイン設定』をすることで、晴れてWordPressをインストールする『箱』ができあがりです。

エックスサーバーサーバーパネルにログイン

くま太君

サーバーの様々な設定ができる、
エックスサーバー『サーバーパネル』にログインしよう。

下記のページがエックスサーバーのサーバーパネルです。

左上に『サーバーパネル』と書いてありますね。

サーバーパネルは、サーバーの様々な設定を行うことができる、管理画面です。

エックスサーバーWordPress簡単インストール手順-2
エックスサーバーサーバーパネル

サーバーの契約・ドメインの契約・ドメインの登録の流れでこの記事を見ている場合は、そのままで。

もし、『サーバーパネル』のログインが切れている場合は、下記を参考に、再度ログインをしましょう。

サーバーパネルログイン方法

くま太君

サーバーパネルに再度ログインする人は、読んでね。

エックスサーバーログイン画面に行くには、

・Google検索「エックスサーバー サーバーパネル」で検索
・エックスサーバー契約時に、送られて来たメールに各種情報が載っている

エックスサーバーWordPress簡単インストール手順-サーバーパネルログイン画面
サーバーパネルログイン画面

https://secure.xserver.ne.jp/xapanel/login/xserver/server/

・サーバーID
・サーバーパネルパスワード

サーバーパネルログイン画面で、上記を入力してログインしましょう。

ログインすると、先ほど見ていただいた、エックスサーバーサーバーパネルの画面に移行します。

エックスサーバーWordPress簡単インストール手順-2
エックスサーバーサーバーパネル

WordPressをインストールしよう

くま太君

ここからWordPressをインストールしていく手順だよ。
本当に設定はサクットできちゃう。

WordPress簡単インストールを選択

エックスサーバーのサーバーパネルの1番下、『WordPress』、『WordPress簡単インストール』の項目があるので、クリックします。

『WordPress簡単インストール』をクリック

エックスサーバーWordPress簡単インストール手順-3
サーバーパネルWordPress簡単インストール

ドメイン選択画面に移行します。

独自ドメインを選択

ここで、WordPressをインストールする独自ドメインを選択します。

・WordPressをインストールする、独自ドメインを選択
・『選択する』をクリック

私は独自ドメインを2つ持っているので、下記図のようにドメインが3個リストされています。
エックスサーバーの利用が初めてで、独自ドメインを1つ登録した方は、ドメインが2個リストされます。

見知らぬ『.xsrv.jp』というドメインは初期ドメインです。
謎の.xsrv.jp!これって何だ!どうすればいいの?
WordPressをインストールするドメインは、ご自分が契約した独自ドメインを選択します。

くま太君

『.xsrv.jp』は選んじゃダメ!

謎の.xsrv.jp!これって何だ!どうすればいいの?

エックスサーバーWordPress簡単インストール手順-4
サーバーパネルWordPress簡単インストール

WordPress簡単インストール設定

くま太君

1つづつ、ゆっくり見ていこうね。

WordPress簡単インストール画面で、下記図①の設定対象ドメインを確認します。

これぐれも『.xsrv.jp』を選ばないように、気を付けましょう。

下記図、②『WordPressインストール』タブをクリック

エックスサーバーWordPress簡単インストール手順-5
サーバーパネルWordPress簡単インストール

ここでは、必要事項を入力する

下記図①の設定対象ドメインに、間違いはありませんか?

下記図の下に一覧で、②〜⑥の内容の詳細をご案内します。

エックスサーバーWordPress簡単インストール手順-6
サーバーパネルWordPress簡単インストール
くま太君

要注意は②のサイトURLだよ。
下記表の(例)を見て、URLをどうするか決めてね。

スクロールできます
②サイトURL自動でドメインが入力されている
(例)『http://aaa.com』というサイトができる
基本右側の空欄には入力不要
もし右側の空欄(フォルダ)に「xxx」と入力した場合
(例)『http://aaa.com/www』というサイトができる
③ブログ名ご自身のブログ名
日本語、英数字使用OK
(例)Helloゼロブロ雑記帳
④ユーザー名WordPressのログイン情報になる
半角英数字、半角スペースと次の記号が使用可能。_-.@
(例)abc-123
⑤パスワードWordPressのログイン情報になる
半角7文字以上、16文字以内
半角英数字と次の記号が使用可能。!#$%=~^|:_[].+-*/
(例)defg456
⑥メールアドレス受信出来るメールアドレス
GmailなどでもOK
WordPressからのお知らせやWordPressパスワードのリセットなどに利用される
WordPress簡単インストール/入力情報

④ユーザー名と⑤パスワードは、WordPressにログインするときに必要です。

忘れずにメモしておきましょう。

上記の入力を終えたら、引き続き、下の部分を見ていきましょう。

ページの下の部分は、基本このままでOK

下まで確認したら、

確認画面へ進むをクリック

エックスサーバーWordPress簡単インストール手順-7
サーバーパネルWordPress簡単インストール

エックスサーバーの『WordPress簡単インストール』では、データベースを自動で作成してくれるので、本当に便利ですね。

上記図の赤枠で囲った『テーマ』について、

・XWRITE
・Cocoon
・Lightning

上記のWordPressテーマの利用をお考えの場合、チェックしておくと、一緒にインストールしてくれるので手間が無くて良いですね。

くま太君

ボクも試しに、Cocoonという、無料WordPressテーマにチェックを入れて、試してみたよ。

Cocoonの親テーマ・子テーマともに、WordPressにインストールされていました。
そして、自動でCocoonの子テーマが有効化されており、テーマのインストールは完全な状態でした。

もちろん、後から自分でインストールできるので、チェックをつけなくても問題ありません。

\ SWELLだと、設定も編集もサクサクできる! /
WordPressテーマ『SWELL』の詳細は公式サイトで!

WordPress簡単インストール確認画面

くま太君

ここで入力した情報が間違っていないか確認!
『戻る』ボタンで、修正できるから、慌てないで大丈夫!

入力情報に間違いがないか確認

修正があれば『戻る』ボタンで、前の入力画面に戻って修正しましょう。

問題がなければ、

『インストールする』ボタンをクリック

インストールが始まります。

数分かかりますので、少し待ちます。

エックスサーバーWordPress簡単インストール手順-8
サーバーパネルWordPress簡単インストール

インストールが終了すると、WordPressなどに必要な情報が表示されます。

下記図の下に一覧で、①〜⑦の内容の詳細をご案内します。

②管理画面URL
③ユーザー名
④パスワード

は、WordPressを使用する際に毎回必要なので、メモして置くことをおすすめします。

エックスサーバーWordPress簡単インストール手順-確認画面
サーバーパネルWordPress簡単インストール
スクロールできます
①サイトURL実際のサイトのURL
②管理画面URLWordPressの管理画面に入るためのURL
このURLにアクセスしてサイトの設定や、記事を書いたりする
③ユーザー名WordPressのログイン情報
WordPressに入るために必要
情報を控えておき、いつでも利用できるようにしましょう
④パスワードWordPressのログイン情報
WordPressに入るために必要
情報を控えておき、いつでも利用できるようにしましょう
⑤MySQLデータベース名このWordPressのためにできたデータベースの名前
⑥MySQLユーザー名このWordPressのためにできたデータベースの情報
⑦MySQLパスワードこのWordPressのためにできたデータベースの情報
WordPress簡単インストール/入力情報

『戻る』ボタンをクリック

くま太君

『戻る』ボタンをクリックすると、全ての設定が終了だよ!
これで完璧にWordPressのインストールが完了!

『戻る』ボタンをクリックすると、全ての設定が終了し、『インストール済みWordPress一覧』に、設定した情報が表示されます。

エックスサーバーWordPress簡単インストール手順-11
サーバーパネルWordPress簡単インストール

サイトのURLにアクセスして、表示されるか確認してみる

WordPress管理画面URLにアクセスして、表示されるか確認してみる

くま太君

ユーザー名・パスワードを使って、
WordPressにログインしてみよう。

エックスサーバーWordPress簡単インストール手順-12
WordPressログイン画面
WordPress管理画面
WordPress管理画面
くま太君

WordPressの管理画面が出たら、成功だね!

独自ドメインを設定して時間がたっていないと、
ページやWordPressログイン画面が表示されないことがある

エックスサーバーのサイト内でも、最高で1時間ほど掛かる場合があるとアナウンスされています。

実際はそんなに掛からず、表示できるはずです。

くま太君

ブラウザの読み込み直しをして、何度かチェックしてみるといいよ。

私は5〜10分位で、正常に表示されるようになりました。

くま太君

ブラウザキャッシュで、表示が変わらないことがあるから、
『スーパーリロード』を試して見るといいよ。
ボクはWEBの仕事をしているから、『スーパー読み込み直し』とあだ名を付けて、毎日ふんだんに使ってるんだ!

スーパーリロードは、WEB制作でもよく使うので、覚えておくことをおすすめします。
「記事を更新したのに、表示が変わらない!」というときなど。
Windows・Mac、ブラウザごとにコマンドが違う場合があるので、『スーパーリロード』で検索してみてください。

試しに、FFFTPにアクセスして、WordPressのデータがアップロードされているか、確認してみました。

下記の図のように、必要データがインストールされていることが、FFFTPからも確認できました。

エックスサーバーWordPress簡単インストール手順-10
FFFTPでの確認

これで設定は終了です。

お疲れ様でした。

今回のまとめ。本当に簡単インストールだった

くま太君

サーバーを設定するのは、緊張するよね。
お疲れ様でした。
WordPressをインストールしたら、後はサイト作りに挑戦だね!

説明をしていると、5分でサックリ!

というワケにはいきませんが、実際の操作自体は、5分も掛からず終了することができます。

・WordPressをインストールするドメインを確認
・サイトURLの確認
・WordPressログイン情報の確認

最低でもこの部分の確認は、忘れないようにチェックしておいてください。

ドメイン設定をして、時間がたっていない状態だと、正常にページが表示できないことがあります。

そんな時は、慌てずに数分おいてから、ブラウザの読み込み直し(スーパーリロード)をして、様子をみてみましょう。

・サーバーの契約
・独自ドメインの取得
・独自ドメインの登録
・WordPressのインストール

ここまで設定できれば、ブログやWEBサイトを制作する下準備が整っています。

くま太君

ブログ制作の第一関門突破!

ブログやWEBサイトの記事を公開するまで、あと一踏ん張りです。

頑張って設定していきましょう!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

\ SWELLだと、設定も編集もサクサクできる! /
WordPressテーマ『SWELL』の詳細は公式サイトで!

☆読んでくれてありがとう!よかったらシェアしてね!☆
目次