【Pick Up!!】『ブログ用語集』始めました!100以上の用語をサクッと解説!

個人向けレンタルサーバーの選び方!5つのチェックポイントで初心者も安心

レンタルサーバーの選び方はコレ!
くま太君

レンタルサーバーってたくさんありすぎてどれがいいか分からない。
どうやって選んだらいいのかな?

ブログ制作にとりかかる時の必須アイテムに「サーバー」があります。

ネットで検索をしてみると情報量が多く、初めてレンタルサーバーを選ぶのに迷ってしまうでしょう。

ここでは、レンタルサーバーを選ぶためのチェックポイントを5つに絞って、どこを見ていけば良いのかをまとめていきます。

この記事を読むと分かること
・どの種類のサーバーが良いのか
・ポイントを決めたら後は早い?!実際にサーバーを決めるポイント
 用途/スペック/料金/サポート/機能性
・私が契約したサーバーに決めた理由

くま太君

ブログを始めるのに、サーバー以外に何が必要か気になる方は、下の記事も見てみてね!

目次

初心者におすすめのレンタルサーバーの種類はどれ?

くま太君

サーバーの基礎が気になる方はこっちをチェックしてみてね。
サーバーの種類についてもかみ砕いて説明しているよ。

サーバーの種類の詳細は上記のリンクで説明しているので、割愛させてください。

みんなが使っているレンタルサーバー

まず、サーバーの種類として大きく2種類あります。

その中でも更に分かれています。

・物理サーバー
  共用サーバー(レンタルサーバー)
  専用サーバー
・仮想サーバー
  VPSサーバー
  クラウドサーバー

結論から言いますと、多くのブロガーさんやWEBサイト制作者が使用しているのは、

「物理サーバー」の中の「共用サーバー(レンタルサーバー)」です

くま太君

これはみんながレンタルサーバーって言っているものだよ。

共用サーバー(レンタルサーバー)のメリット

・価格が抑えられる。
・メンテナンスの手間がない。
・専門知識がなくても利用できる。
・サポート体制がある。
・セキュリティもしっかりしている。

ということで、初心者には最も扱いやすい種類のサーバーになります。

また、何か不具合があった時、サポートで解消できます。

また分からない事など、簡単にネット検索が出来て、情報量が圧倒的なので、安心感が強いですね。

「情報は宝」なんです!

当ブログも「レンタルサーバー」(Xserver)使用中です。

また、気になるデメリットは、

共用で使用するので、他の利用者の利用状況によっては不具合が出る場合がある。

というものがありますが、今の所このデメリットは気になったことはありません。

そして、他の種類のサーバーだと、知識や技術、お金(場合によってお高めな事が)が必要になります。

初心者には「レンタルサーバー」一択でしょう。

レンタルサーバーを借りなくてもブログが作れる!

実は上記であげたようなサーバーを、自分で契約しなくても、ブログ制作・運営は可能です。

Amebaブログ・FC2ブログ・楽天ブログなどのブログサービス(無料ブログ)です。

登録をしてすぐに使用できるのが魅力です。

・無料で使える
・管理が楽ちん
・サーバー・Wordpressなどの下準備がないので、すぐに始められる。

自分でサーバー会社を探してを契約したり、WordPressの設定など下準備が不用なので、手軽に始められるコンテンツです。

ですが、各サービスによって制約があります。

・デザインなどカスタマイズに自由度がない
・独自ドメインがない
・収益化の制限がある
・容量が少ない

無料登録だと、意図しない広告が入ったり、画像をたくさん使いたいサイトを作るとき、容量に不安がでます。

また、GoogleAdSenseやアフィリエイトなどの広告収入をガッツリ狙いたい!という方もいるでしょう。

そうなると、自由度が少ないので、思い通りにブログ運営ができない場面に遭遇することがあります。

「いやいや、そんなことより、楽しく記事を書くことがメインだし」とか、
「個人的に情報発信したいだけだし」とか、
「日記だし」と言う場合は、

無料ですぐに書き始めることができるので、こちらのブログサービス(無料ブログ)がおすすめだと思います。

土台(レンタルサーバー)はブログの用途で決めよう

上記の事から、自分が今後どんなサイトを運営していきたいかによって、サーバーの種類は変わってきます

ここでは主にブログ前提でお話をしています。

例えば会社でいくつものサーバーを使っている場合は、仮想サーバーにしてコストを抑えるという考えもあるかもしれません。

ですが、セキュリティに不安が残ると思うので、導入する際はコストも含めて、十二分な検討が必要です。

初心者のためのブログ始め方講座(エックスサーバーサイトより)

レンタルサーバーを選ぶポイントを絞ろう!

くま太君

レンタルサーバーを契約するにしても、たくさんの会社があってどうしたらいいのか分かんないよ。

レンタルサーバーで検索すると、それはそれはたくさんの会社がヒットします。

実際私も、いきなり色々見てもよく分からなかったり、目移りしてしまい、結局「今日はいいや」という事もありました。

これだと埒が明かないので、まずは自分がどこに主眼を置くか、書き出してみました。

そしてまとめたポイントがこちらです

「用途」     どんなサイトを作るか、何に使うのか
「スペック」   ディスク容量やCPUなど
「料金」     初期費用無料やお試し期間の有無など
「サポート体制」 お問い合わせ方法は?
「機能性」    WPインストール機能、コントロールパネルの使いやすさなど

まだあるかもしれませんが、思い付いた最低限押さえたい事をピックアップしました

細かすぎても、また迷うので。

レンタルサーバーを選ぶポイントはこれだ!

くま太君

ここでは、各ポイントを細かく見ていくよ。

以下のポイントに絞って、見ていきます。

・用途
・スペック
・料金
・サポート体制
・機能性

「用途」どんなサイトを作るか、何に使うのか

くま太君

自分の作るサイトの青写真を思い浮かべよう!

自分で作るサイトがブログなのか、会社用のWEBサイトなのか、ゲームやアプリを作っていきたいのか等の用途を確認します。

またそのサイトが
「ガッツリ画像や動画がメインでファイル容量が確実に多い!」とか、
「ちょっと凝ったプログラムガンガン入れて最先端を行くぜ!」(?)とか
その中身の仕様も考えておきましょう。

なぜ、この枠組みが必要なのかは、後で検討する「スペック」に関わってくるからです。

要は契約するサーバーの容量やCPUなどが関係するので、その目安を決めるために確認しておきます

文字がたくさんのブログなら、サイトの容量は小さいですし、ガッツリゲームを作るならシステムを動かすのに多くのサーバー容量が必要だからです。

例えとしてゲームを出しましたが、ゲームの場合、容量や他の人への影響、運営上の問題で専用サーバーがベストだと思います。

「スペック」ディスク容量やCPUなどを確認しよう

くま太君

え〜、何か難しいこと言われた……。

ここでは、あくまでもポイントを押さえる事がテーマなので、「CPUとは」などの詳細はまた別の機会にご案内します。

物理サーバーは、ザックリ言うとパソコンの発展系のようなものなので、基本的に選ぶ際の視点は同じと思って大丈夫です。

パソコンを選ぶ時、どこをチェックしますか?

・CPU
・メモリ
・ディスク容量
・価格 など

レンタルサーバーサーバー選びの際も、この当たりをチェックしていくと良いでしょう。

パソコン同様、サーバーもハイスペックになる程、料金がUPしていきます。

そして、値段が高ければ良いというものでもありません。

持て余した挙句、無駄にお金が掛かるだけになってしまうので、これから確認していきましょう。

・CPU性能に着目!
・メモリの容量に着目!
・転送量に着目!
・サーバー容量に着目!

CPU性能に着目!

くま太君

このCPUの性能が高いと、処理能力が上がるから、ページの表示速度にも関係してくるよ。

CPUはいわば「脳」に当たる部分で「Intel Xeon」「Pentium M」などの種類があります。

様々な情報を処理・制御をして、様々な計算をする演算も行います。

CPUの性能が高いと、情報処理が早くなり、結果表示スピードが速くなる

作業する方も、ページを見る方も早くて快適!ということになります。

現状はGoogleの評価では、表示スピードが速いほうが、高評価です。

そのため、あまりもたついたサーバーは使いたくありませんよね。

ざっとレンタルサーバー会社のサイトを見ましたが、CPUを発表しているところがほとんど無かったので、比較が難しい所ではあります。

ここでは「コア」という数字に着目するとザックリ比較できると思います。

メモリの容量に着目!

くま太君

十分なフィールドで、CPUが活躍出来る場所を確保しよう!

・16GB程度あれば、安定した稼働ができる
・最低でも8GBは確保したいところ

いくらCPUの頭脳が良くても、動かす領域が狭くては、サーバーの力を発揮できません。

「メモリ」は処理速度に関係してくるので、チェックポイントの一つです。

メモリ容量が少ないと、同時処理ができなかったり、処理速度が遅いという点に繋がります。

16GB程あると、アクセス数が増えて大型サイトになったとしても、かなり安定して使用できます。

最低でも8GB程あれば、初期のブログ運営には問題なく稼働できるでしょう。

大型サイトになった場合や動作が気になる場合は、レンタルサーバーのプラン変更をしてメモリ容量を増やすことも可能です。

プラン変更は、レンタルサーバー会社によっては出来ない所もあります。

後々プラン変更が可能なのか、最初から高いプランで契約するのか、きちんと確認しましょう。


メモリ容量も目立つ場所に記載がない会社が多いので、比較が難しい所ではあります。

転送量に着目!

くま太君

情報を吐き出す量が転送量だよ。
mp4等の動画をバンバン貼り込んだりしていなければ、通常のブログだと余程低い転送量出ない限り、問題無く過ごせるよ。
1日の内に急に爆伸びしなければだけど。

WEBページではHTML・CSS・PHP・画像など、多くのファイルを読込ながら表示させています。

ユーザーからアクセスがあった時に、サーバーからこれらの情報を送る量が「転送量」です。

1ページあたりのデータサイズ × アクセス数で計算されます。

転送量の上限に達すると速度制限にかかり、表示速度が遅くなります。

スマホのパケット上限に達した後のような感じですね。

さて、1日にどのくらいのアクセスがあるのでしょうか?

転送量の上限数を1日でリミットを設けている場合、50GB/1日もあれば十分だと思います。

それを考えると、通常サーバー側で提供されているスタンダード以上のプランであれば、転送量はほぼ問題ないでしょう

レンタルサーバー容量に着目!

くま太君

各レンタルサーバーで価格と一緒に掲載しているよ。
だから、これが1番目に付くし、契約時の目安になるね。

これが一番の目安になるのではないでしょうか?

各レンタルサーバー会社共に、サーバー容量を掲げ、料金設定をしています。

料金が安いと、当然サーバー容量も少ないです。

あまりにもこの容量が少ないと、数年後データ量がひっ迫して、動きがモッサリ重くなってしまいます。

それこそ、プラン変更しなくちゃ!という事になる可能性が出てきます。

画像や動画をアップする他にも、ブログを更新していくたびに、データは増えていきます。

ファイル以外に、データベースへの書き込みが行われるので、様々なデータが見えない所で蓄積されていくのです。

例えば、画像約3,000枚で10GBの容量と仮定します。

画像約3,000枚って、自分のサイトの構成プランから言って多いですか?少ないですか?

これを目安に少し考えてみてください。

レンタルサーバー会社では、20GB程から申し込める所もあります。

もちろん価格も安いです。

また、どの有名所のレンタルサーバー会社でも、100GB以上のプランを用意しています。

100GBもあれば、十分にブログ制作に対応可能となります。

もちろん20GBでもブログ運営は可能ですよ。

ただし注意が必要です。

くま太君

20GBの器(サーバー)だからといって、画像や諸々のサイトデータを20GB分満腹にすることはできないよ。
遊び部分が必要なの。

だから、腹7分目位までしか食べられないと思った方がいいんだ!
満腹に近づく程、動きが遅くなったり、サーバーエラーの可能性が高まるからね。

サーバー容量イメージ

長くサイトを運営していくと、当然様々なデータが蓄積されていきます。

そうなると、20GBのレンタルサーバーを契約した場合、20GBの満杯までは利用できません。

MAX正味16〜17GBを目安にするくらいの、ゆとりを残しておきたい所です。

サーバーエラーは、起こしたくないですからね。

ここではザックリでも上記のポイントがわかれば、自分のサイトの青写真と照らし合わせて、サーバー選びの目安に活用できると思います。

「料金」初期費用や無料期間など、お得を探そう!

くま太君

無料期間があれば、万が一使い勝手が合わなくても、別のサーバーに替えられるから、何か安心な気がする!

各サーバー会社で、無料期間を設けているところがあるので、お試し感覚で使ってみるのも良いでしょう。

サーバーのスペックによって、料金体系が異なります。

チェックした自分に適したスペックの中で、料金プランを考えていきましょう。

中には数百円/月で借りられるサーバーもあります。

ですが、サーバー容量が少なすぎたり、手厚いサポートがなかったりします。

価格のみに釣られてしまわないように、気をつけましょう。

あくまで、自分がどんなブログを作りたいかが大切です。

スタンダードクラスのサーバーだと 1,200円 ~1,500円/月程になります。

また、契約時に各会社でキャンペーンを実施していることもあります

併せてお得意にサーバー契約をしてしまいましょう!

「サポート体制」お問い合わせ方法は?

くま太君

サーバーの調子が悪かったり、調べても分からなかったりしたら、どうしよう……。

サイトの調子が悪い時に考えられる原因はいくつかあります。
(不調の内容によって原因が絞り込めることはありますが)

・カスタマイズがうまくいっていない。
・WordPressやテーマに何らかのバグなどがある
・ネット回線の不調
・サーバー関連の不調

サーバー関連の不調だった場合、サーバー全体に何かが起こっていることもあります。

その時は、サーバー会社からメールや専用ページに、不調の原因・メンテナンスのお知らせが来ます。

また、サーバー全体ではなく、自分のテリトリーの不調だった場合どうしますか?

自分でネット検索や、契約サーバー会社のFAQを調べて対処できることもあります

それ以外ですと、やはり契約サーバー会社に連絡を取ることになります。

サーバー会社や契約プランによって、メールやチャットのみ対応の所もあれば、電話での対応も可能な会社もあります。

初心者だと未知の現象に、なおさら不安になるので、電話対応可能なサーバー会社はありがたいと思います。

また、メールでも電話でも、対応の良し悪しも気になるところなので、ネットで口コミを調べてみると良いでしょう。

「機能性」WPインストール機能、サーバーコントロールパネルの使いやすさなど

くま太君

これって、実際に使ってみないと分からないんじゃないかな?

確かに、実際に使わないと分からないというのは正直なところです。

そうなると、先にお話しした、無料期間内で試してみるのは一つの手ですね。

また、サーバー会社のWEBサイトで使い方の説明をしているページがあるので、そちらを参考にすることができます。

そしてYouTube

実際に映像を見ながらサーバーの勉強ができるので、有意義だと思います。

私がこのポイントで注目したのは、

・WordPressが簡単にインストールできる機能が付いている、または、最初から入っている。
・インターフェイス(見た目)がシンプルで整理されている。

やはり、見た目がシンプルだと色々探しやすく、使いやすいので注目しました。

私があげたポイントは以上5つですが、ポイントは1つでも2つでもよいと思います。

どこに重点を置くかで、絞られるサーバー会社が変わります。

自分の作りたいサイトと比較して検討をしてみてください。

初心者におすすめレンタルサーバー

くま太君

ここでは、初心者に使いやすい、人気のレンタルサーバーをご紹介するよ!
どこも安くて、安定して使えるからとってもおすすめ!

★詳しくおすすめのレンタルサーバーについて見るなら、
おすすめレンタルサーバー10選!WordPress初心者に最適なのはコレ!
人気レンタルサーバーのキャンペーン開催情報全10社を一挙公開!

Xserver
・ Xserver
圧倒的ハイスペックで【サーバー速度No.1】

ConoHa WING
・ConoHa WING
国内最速No.1のレンタルサーバー
有名有料テーマSANGOを割引価格で購入出来る!

ColorfulBox
・ColorfulBox
高速・高機能・高コストパフォーマンスのクラウド型レンタルサーバー

お名前.comレンタルサーバー
・お名前.comレンタルサーバー
高速&高安定性を実現!
対象の有名テーマを割り引き販売でお得!

ロリポップ
・ロリポップ
コストパフォーマンスならここ!

上記の のように、レンタルサーバーを契約したら、対象の有料Wordpressテーマもお得に入手できる会社もあります。

テーマ選びも念頭に、サーバー会社を決めるのも、大いにありですね。

初心者が使いやすい、おすすめテーマを集めてみました!

WordPressテーマ|初心者おすすめ10選!使いやすい無料+有料テーマ

私が契約したレンタルサーバー、 「Xserver」 に決めた理由

私が契約したのは「Xserver」です。

月額990円(税込)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

相方が「Xserver」を契約していて、スピードや、サーバーパネルのインターフェイスや使い方を見ていました。

それで「ここでいいかな~」位に考えていました。
しかし、直前になり、「お金払うんだし、もっと他に……」と貧乏根性が芽生えまして。

他社と以下を比較してみました。

・価格と容量の関係
・スピード
・口コミ
・サポート

やはり、価格が安いのはかなり魅力ですが、スピードのことを考えるとそれなりの容量が欲しいので、口コミを込みで3社程に絞りこみました。

その中から、「Xserver」は

・マニュアルやお問い合わせ関連のページが分かりやすかった。
・メールと電話でのお問い合わせが可能だった。
・他の会社ではあまり出していないCPUなどの情報もきちんと公開されているので、信頼感があると感じた。

ということで、決定しました。

独自ドメインも一緒に簡単に取得できるから、レンタルサーバーはおすすめです。

独自ドメインって??と言う方は、こちらをクリック!

実は無料期間中キャンペーンに関して、問い合わせの電話をしたことがあります。
時間帯もあったのかもしれませんが、数コールですぐに繋がり親切に教えて頂き、私は良い印象を受けました

月額990円(税込)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

今回のまとめ。サーバー選びの5つのチェックポイント!

くま太君

何か盛沢山だった~!

サーバー選びのチェックポイントはこれだ!

「用途」     どんなサイトを作るか、何に使うのか
「スペック」   ディスク容量やCPUなど
「料金」     初期費用無料やお試し期間の有無など
「サポート体制」 お問い合わせ方法は?
「機能性」    WPインストール機能、コントロールパネルの使いやすさなど

たくさんチェックしたい項目があり、「だからどうしろと!」となるかもしれません。

私があげたポイントは5つですが、ポイントは1つでも2つでもよいと思います。
例えば

・有名どころで値段重視!
・とにかく初心者だし、わからない事だらけで不安だからサポート重視!
・サクサク動かしたいから、メモリや容量重視!

など、1つでもいいし、2つをミックスして考えるのでも十分だと思います。

後はこれに自分のブログの青写真をマッチさせて、どのサーバー会社が自分に合うか探してみましょう

レンタルサーバーではだいたい無料期間あります。
この期間で表示速度や機能が使いやすいかなど確認して、検討するのもよいでしょう。

また、口コミで情報収集など、実際に使われている方の声もとても参考になります
長い付き合いになりますので、自分にあったサーバーが見つかるとよいですね。

長文になりましたが、ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

☆読んでくれてありがとう!よかったらシェアしてね!☆
目次